新型コロナウイルス

村上先生が医師会を斬る! レプリコンワクチンのシェディングから身を守る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このところXでのワクチン関係の投稿が多くなっているようです。とても間に合わないので、まとめて紹介することにします。まずは村上先生のインタビュー動画。そして筆者のリプライです。

 

 

『東北有志医師の会第3弾! レプリコンワクチンの危険性』より

レプリコンワクチンは接種した体内で自己増殖するということですが、ワクチンの副作用は従来型mRNAワクチンと同程度だということです。だとすればシェディングによってウイルスに曝される頻度は多くなりますが、副作用は変わらないということで、未接種で今まで感染しなかった人は今まで通り感染しないのではないかと考えられます。問題は基礎疾患がある人で、これは今から炎症を解消する方が良いと思います。

副反応検討部会で基礎疾患があることを理由に死亡しても因果関係なしとされる例が多いです。つまり基礎疾患がある人は感染しやすいことを表わしているのではないかと思います。ですから炎症を取り除くためにグルテンの小麦、カゼインの乳製品、トランス脂肪酸が発生する植物油は断つことが必要です。 砂糖も炎症物質です。 https://k-doujou.com/choice-1019/

これだけ禁止されたら食べるものがなくなるじゃないかという人は、昔ながらの日本人の食生活がお勧めです。魚介類を中心にご飯と味噌汁を食べて下さい。筆者も現在実施中です。ラーメン、餃子、チャーハンが好物でしたが、好きなものを食べるのではなく、食べたもので身体はできているという意識で。

いっぺんに断つのは無理という人は、まず小麦から断つことを勧めます。薬やサプリを摂取して調子が良くなるというのは、メーカーの販売戦略に乗せられている証拠です。食べているものをやめるというより、新たに錠剤を飲むことで症状が解消できる方が実施しやすいですから。アニメに出てくる夢の薬に毒されているのかも知れません。飲んだだけで効いたような気分になる魔法の薬ですね。少し考えれば、そんなことはないのが分ります。

 

村上先生が医師会を斬る!   我那覇真子 Masako Ganaha on X: “【生配信】医師会を村上康文先生が斬る!! https://t.co/vm1EMJC4QX” / X

 

 

 

医師は接種するたびに賄賂を得ていたことがリーク文書で判明。1人4万円。千人接種すれば4千万円」

医師はワクチンを接種するたびに報酬をもらっていたことが判明

ピーター・マッカロー博士がトミーTに語ったところによると、 医師たちはCOVIDワクチンを推進するために賄賂をもらっていた。

典型的な医師は、患者の75%にワクチンを注射すれば、25万ドルの追加収入を得ることができた。これはアンセム・ブルークロス・ブルーシールドのリーク文書から判明した。問題は、アンセム・ブルークロス・ブルーシールドは 医師にジャブ・インセンティブを与えていたのか、それとも政府から報酬を得ていたのか、ということだ。

 

マッカロー博士「ビッグニュースだ。接種した人が体内に取り込んだ致死性のスパイクタンパク質を分解するものがある。日本人は千年も前から愛用している」(動画)
致命的なスパイクタンパク質を96秒で分解する方法(ピーター・マッカロー博士談) 「ワクチンを接種した人は、感染した人よりも多くの致命的なスパイクタンパク質を体内に取り込んだと推測されます。ピーター・…続きを読む

これがその資料である。 新たにワクチンを接種した1,000人×250ドル=250,000ドル。 正気の沙汰ではない。

 

マッカロー博士「リスクの高いロットは全体の4.2%あり、心筋炎、血栓、心臓障害等、深刻な障害を引き起こす。なんでもなかった人はリスクの低いロットを使ったからだ」
マッカロー博士、不良ロットについて語る:”副作用は深刻だ” マッカロー博士「ほとんどの人が(注射後)大丈夫なのは、リスクの低いロットを使ったからだ。デンマークのシュメリング氏らは、ファイザー社の注射…続きを読む
 

 

COVID-19ワクチン・プロバイダー奨励プログラム

COVID-19ワクチンを接種することは、人々が自分自身と家族をウイルスから守るための最も安全で最善の方法の一つです。

最も安全な方法です。COVID-19ワクチン・プロバイダー奨励プログラムの参加診療所として、私たちはあなたの努力を認めます。

COVID-19 Provider Vaccine Incentive プログラムには、以下のケンタッキー州の参加医療機関が参加できます。ワクチン接種の結果は、COVID-19 ワクチン請求書、または Kentucky Vaccine Registry による確認によって決定される。

結果は 2 つの期間について計算される:
– 2021年9月1日ーインセンティブの初回支払い
– 2021年12月31日ー 最終報奨金の支払い

マッカロー博士、アスリートの突然死を説明「高濃度mRNAのハイリスク・バッチを接種した」
マッカロー博士「高濃度mRNAのハイリスク・バッチを接種したからだろう」 この対談は、先行疾患のない突然死と、フィールドに出る前に広範囲に心臓疾患のスクリーニングを受けているアスリートにおけるCOV…続きを読む

ボーナスの受給資格:2021年9月1日までに、少なくとも1回のワクチン接種を行い、以下の基準を満たした場合、以下の割合に基づき、初回奨励金が支払われます:
– ワクチン接種を受けたAnthem会員が30%ーワクチン接種を受けた会員1人当たり20ドルのボーナス
– ワクチン接種を受けた40%のAnthem会員ーワクチン接種を受けた会員一人当たり45ドルのボーナス
– ワクチン接種を受けた50%のAnthem会員ー ワクチン接種を受けた会員一人当たり70ドルのボーナス
– 60%のAnthemワクチン接種者ー ワクチン接種者1人につき100ドルのボーナス
– ワクチン接種を受けた75%のAnthem会員 ーワクチン接種を受けた会員一人当たり125ドルのボーナス

以下の割合に基づき、最終的な奨励金が支払われます:
– 30%ワクチン接種を受けたAnthem会員ー 新たにワクチン接種を受けた会員1人当たり100ドルのボーナス
– ワクチン接種を受けた40%のAnthem会員 ー新規ワクチン接種を受けた会員一人当たり150ドルのボーナス
– 50%ワクチン接種を受けたAnthem会員ー 新規ワクチン接種者一人当たり175ドルのボーナス
– ワクチン接種を受けた60%のAnthem会員ー 新規接種会員1人につき200ドルのボーナス
– 75% Anthem社ワクチン接種者ー 新規接種者1人につき250ドルのボーナス

ボーナスの受け取り時期:最初の支払いは、請求の払い戻しに使用された支払方法に基づいて、電子送金または小切手で送られます。(アンセム・ブルークロス・ブルーシール文書

ファイザーの幹部社員は、一般とは別バッチのワクチンを提供されていた:内部告発者がリーク
ファイザーの内部告発者が、製薬会社が社員にコロナワクチンを提供していたことを示す内部メールをリーク この電子メールによれば、ファイザーの上級社員は、選ばれた数人のために用意されたバッチからコロナワク…続きを読む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

three × 4 =