新型コロナウイルス

テレグラフに続いて日本でも出てきた毎日新聞記事『コロナワクチン接種が死因』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英紙テレグラフの記事に衝撃を受けたのか、日本でも申し訳程度に『コロナワクチン接種が死因』という記事が出てきました。大きなニュースです。人数ではなく報道したことに、大騒ぎになる予感がします。長い間コロナワクチンで死んだ人はいない、と言われてきましたから。形勢が逆転しつつあるのを感じますか?

コロナワクチン接種が死因、人口動態で初計上 23年は37人

毎日新聞

配信

厚生労働省が5日に公表した2023年の人口動態統計では、死亡数のうち新型コロナウイルスワクチン接種が死因とされた人数が初めて計上された。医師が死亡診断書に記載した人数を集計したもので、23年は37人だった。厚労省の担当者は「あくまで現場の医師の判断によるもので、死亡数が多いか少ないかの評価を言う立場にない」としている。 【写真まとめ】コロナ禍、閑散とする東京、防護服で抱擁、猫もマスク  同時に22年の数値も明らかになり、23人だった。これとは別に、接種の是非を判断する厚労省の副反応検討部会では、コロナワクチン接種後に死亡し、医師から副反応が疑われると報告された事例を精査している。4月15日時点で、接種と死亡との因果関係が否定できないと認められたのは2人のみ。人口動態統計の人数とは一致していない。【奥山はるな】

 

この記事のYahooコメント欄では

楊井人文

弁護士

解説記事に「4月15日時点で、接種と死亡との因果関係が否定できないと認められたのは2人のみ」とありますが、これは副反応疑い報告制度によるもので、個別的な因果関係の審査がきちんと行われている制度ではないようです。実際に個別的な因果関係の審査を担っているのは、健康被害救済制度の方です。接種後死亡事案の審査申請は1372件、うち596件が認定され、206件が否認、いまなお500件以上が審査中となっています。死亡事案以外を含めると、7384件の健康被害が認定されています(5月31日現在)。

そもそも医学的に厳密な因果関係の証明は不可能とされています。したがって、副反応疑い報告制度であれ、健康被害救済制度であれ、どちらも認定する際には「因果関係は否定できない」という表現が使われています。副反応疑い報告制度の2件だけ伝え、健康被害救済制度の審査・認定状況を無視する報道姿勢は考えものです。

 

 

HYDROGEN

HYDROGEN

イギリスのテレグラフ紙が報じていたが、オランダの研究者が西側諸国で300万人がワクチンで亡くなった可能性が有ると6/4に報じていました。 また、オックスフォード大学の研究で、100万人以上の5歳~15歳の接種群と非接種群の比較において、心筋炎や心膜炎を発症したのはコロナワクチン接種の子供だけだったと。 37人? そんな少ない訳ないだろ。 即刻中止し母子手帳のワクチンプログラムから削除するべきだと思います。

  • ror********

    接種が始まってからの2024年現在までの超過死亡者数は40万人に上ると言われています。救急車出動回数は過去最多だった2022年から、2023年は更に103万回増加しました。『救急車をタクシー代わりに呼ぶ人増加』などの煽動記事を良く見ますが、実際103万件増加の内訳として急病者は80万人を超えています。ということは救急車出動回数増加のほとんどは急病者の増加です。何故ここまで死者や急病者が爆増しているにも関わらずどこのメディアも報道しないのでしょうか?記事もこんな記事ばかり。接種を勧めたのは政府とメディアです。

     
     
     
     
  •  

    多様性AIがピックアップしました

    zer********

    京都大学を退職に追い込まれた宮澤先生が指摘していた危険性がやっと報道される様になってきた様です。 mRNAという研究段階にあった最終的な安全性が確認されていないワクチンを半ば強引に接種させた政府と厚生労働省はその責任を問われる事になるのではないでしょうか。 ワクチン摂取をされた方に今後どの様な影響は出るのかわかりませんが、不安な状況が続くのではないでしょうか。 今回の全国的な接種はある意味壮大な治験と言えるので今後の推移を見守っていきたいと思います。

     
     
     
     
  •  

    多様性AIがピックアップしました

    *an*****

    5回目接種以降、ひどい帯状疱疹を発症しながら、それでも接種し続けた伯父は、結局7回接種した後、新型コロナに罹患して肺炎で昨夏亡くなった。子どもがおらず、伯父から感染して自宅で療養中の伯母に代わり、私が看取りをした。そのバタバタのときに医師から病理解剖を受けるか確認されたが、子がなく、伯母も不要と言うので、解剖は当時は意味がないと考えて辞退したが、きちんと調べていたら何かが分かったかもと今になって考える。諸外国、偏らずさまざまな報道・発信をみて、自ら考えて判断できる主体性がないと。政治と一体化して完全に片方に偏った国内報道も酷いが、日本人は世界一テレビ・新聞を信用する人種らしいので、日本はますます劣化していくのが非常に心配。

     
     
     
     
  •  
    ❀沈丁花❀

    河野太郎が言うように2億回接種しても死亡者は1人もいないのであれば、何故このような死因分類コードがしれっと爆誕したのだろう。 接種を勧めた政府や政治家、御用医師からの説明がないまま、なし崩しに次々と悲惨な現実ばかりが津波のように押し寄せて、一度でも接種した人の心身に負担がかかっていると感じる。 「とんでもない液体を体内に注入してしまった」という後悔や不安と共存していかなければならないストレスは想像に絶する。

     
     
     
     
  •  
    ht1*****

    私の兄は4回目接種後、心筋梗塞で亡くなった。持病もなく健康体であった。私が家族にワクチンの影響があったのではないかと聞いても、家族は認めようとはしなかった。それ以上は何も言えなかった。二年前の出来事だ。ワクチンの有効性、安全性を信じている人々の多さを痛感した。超過死亡の異常な多さにみられるように、世間で公表されているワクチン被害は氷山の一角に過ぎないであろう。

     
     
     
     
  •  
    cha********

    人口動態統計で37人しか報告されていないが、これまでにコロワク接種後の死亡報告は2,100人超、予防接種健康被害救済制度では596人が死亡認定されている。これも氷山の一角。テレビや新聞は隠蔽して伝えないのでほとんどの国民が知らない。これほど死亡の出たワクチンはかつて存在しない。しかし、政府はワクチン事業を止めず、秋からはさらに危険なレプリコンワクチンを国民に打とうとしている。

     
     
     
     
  •  
    pmp********

    ワクチンの副反応には、2つの制度があります。 【副反応疑い報告制度】 ワクチンの安全性を評価するための制度です。 「コロナワクチン副反応データベース」を見ると、 2022年6月までに、3万件以上の報告があります。 (その後は、厚労省の「厚生科学審議会」の資料で見ることができます。) 【予防接種健康被害救済制度】 被害を受けた人の救済・補償をするための制度です。 厚労省の「疾病障害認定審査会」の資料を見ると、 死亡一時金4420万円の認定は596件、 医療費などの認定を含むと、7384件あります。 医療費では、心筋炎や心膜炎の認定が多いです。 その他にも、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、ギランバレー症候群、帯状疱疹、脱毛症など、様々な疾病が認定されています。 テレビでは報道しないので、ご覧になってみて下さい。

     
     
     
     
  •  

    多様性AIがピックアップしました

    k*****

    あれだけ副反応があるワクチンは他にあるのだろかと思っていた。だからどうしても打ちたくなかった。でも、それはワガママであると言う風潮が確実にあったことを、絶対に忘れずにいようと思う。 政府もマスメディアも周囲も、ワクチンは自分や大切な人の為に打つんだと何度も何度も勧めていて、それに私は呑まれてしまったことも絶対に忘れない。 1つの救いは、子ども達には接種させなかった。良かったと心から思う。

     
     
     
     
  •  
    tdd********

    厚生労働省の中庭に建てられている『薬害根絶誓いの碑』 誓いの碑 命の尊さを心に刻みサリドマイド、スモン、HIV感染のような医薬品による悲惨な被害を再び発生させることのないよう医薬品の安全性・有効性の確保に最善の努力を重ねていくことをここに銘記する 千数百名もの感染者を出した「薬害エイズ」事件 このような事件の発生を反省しこの碑を建立した 平成11年8月 厚生 5万人規模のデモが厚労省前を訴えながら歩いたが、どこのメディアも取り上げないお粗末なメディア。 厚労省もメディアも25年前の誓いを忘れてしまったのだろうか…。

 

すぐ消されるので早く見て下さい コメント1,859件次のページ

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

8 + 4 =