新型コロナウイルス

米軍内部の後遺症データと宣誓証言から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米軍兵士がワクチン接種後に起きた後遺症のデータと証言です。

予算請求の根拠となるため、政府発表やVARESよりも正確だと言われます。

20、30代、40代が中心ですから現役の若い世代です。ここで心筋炎がどれだけ発症しているのか、知りたいところですが、肝心の心筋炎のデータだけが出てきません。

米国のロン・ジョンソン上院議員、オースティン国防長官に完全な説明を求める 心筋炎がデータベースから削除されている2,022年2月1日
 
防衛医療疫学データベース(DMED)のデータに基づくこれらの内部告発者がDMEDで登録された診断の大幅な増加を発見したと報告。流産、癌、および5年間に比べて2021年の他の多くの病状2016年から2020年の平均。2例えば、theラウンドテーブルでレンツは、登録された診断神経学的な問題の場合、5年間の平均82,000から(2,021年は)863,000に10倍増加しました。2021.3また、2021年にin登録診断の増加がありました。
 

高血圧– 2,181%増加 、神経系の疾患 – 1,048% 増加、食道の悪性新生物 – 894% 増加、多発性硬化症 – 680% 増加、消化器官の悪性新生物 – 624% 増加。ギランバレー症候群 – 551% 増加、乳癌 – 487% 増加、デミエリーネート(慢性炎症性脱髄性多発神経炎) – 487% 増加、甲状腺および他の内分泌腺の悪性新生物 – 474% 増加、

女性不妊 – 472% 増加、肺塞栓症 – 468% 増加、偏頭痛 – 452% 増加、卵巣機能障害 – 437% 増加、精巣癌 – 369% 増加、頻脈 – 302% 増加
 

軍の内部告発者はCOVIDワクチンのストーリーを吹き飛ばすかもしれない

告発者は軍医の3名でテレサ・ロング大佐、サミュエル・シゴロフ博士、ピーター・チェンバース大佐。医師が提供したデータは、いくつかの診断で驚くべき増加を示しました:

  • 流産は5年平均の3倍近く頻繁に起こった。
  • 新しい癌の診断はまた、5年平均の3倍で起こった。
  • 神経学的診断の数は10倍あり、合計で80万回以上

ピーター・チェンバース:Peter Chambers

a)注⽂された緊急使⽤Covid 19ワクチンはいずれも、感染が回復した⼈よりも優れた免疫を提供することはできません。b)私の患者の年齢層とフィットネスレベルでは、EUA Covid 19ワクチンの3つすべて(Comirnatyは利⽤できません)は、Covidが回復したか直⾯しているかにかかわらず、ワクチンをまったく接種しないよりもリスクが⾼く、有害で危険です。 Covid19感染;
c)直接的な証拠が存在し、Covid 19ワクチンを受けたすべての⼈が、回復不能かつ取り返しのつかない⽅法で⼼⾎管系に損傷を与えていることを⽰唆しています。

d)ユーザーのゲノムに組み込まれたスパイクタンパク質の産⽣により、Covid 19ワクチンのそのような各レシピエントは、すでに⼼臓⾎管系に微⼩な⾎餅を持っており、健康と安全に危険をもたらします。e)⽣成されるスパイクタンパク質の形状と組成の性質により、時間の経過とともにそのような微⼩⾎餅はより⼤きな⾎餅になり、前述のタンパク質は脳を含むユーザーの体全体に⾒られます。f)この損傷の初期段階では、微⼩⾎餅は⽣検または磁気共鳴画像(「MRI」)スキャンによってのみ発⾒できること。

g)現在実施されている機能的⼼筋スクリーニングがないという事実のために、危険な任務を遂⾏するこのタスクフォースのすべての兵⼠の適切なスクリーニングを含むが含まない、実質的な予⾒されるリスクが現在存在するというのが私の専⾨家の意⾒です。⾼⾼度の軍事⾃由落下(MFF)作戦に限定されます。h)それは、彼らの職業のおかげで、MFFの職員は彼ら⾃⾝と他⼈に並外れたリスクを提⽰すると述べた。微⼩⾎栓性の変化が起こり、ワクチン接種を受けた兵⼠の通常の⽣理機能に悪影響を及ぼし、⾼地で壊滅的な結果を招く可能性があります。

テレサ・ロング:THERESALONG MD

18.⽂献は、⾃然免疫が耐久性があり、完全であり、SARs-CoV-2に対するワクチン接種免疫よりも優れていることを⽰しています。ファイザーとモデルナの両⽅が製造したmRNAワクチン特に16〜24歳の若い男性では、⼼筋炎に関連しています。2若い新しい陸軍⾶⾏⼠の⼤多数は20代前半です。⼼筋炎のリスクがあることを私たちは知っています各mRNAワクチン接種。さらに、ワクチン接種が必ずしもSAR-CoV-2の感染または感染を防ぐわけではないこともわかっています。

したがって、mRNAワクチンを完全にワクチン接種された個⼈には、ワクチン接種後の⼼筋炎の少なくとも2つの独⽴したリスク要因があります。追加の⾃慢のショットは、より多くのリスクを追加します。SARs-CoV-2への対抗⼿段としてのmRNAの使⽤に関するリスク/利益分析をさらにデータなしで実⾏することは不可能です…私たちの戦闘⼒でのmRNAワクチンの使⽤は、どれの140万⼈のうち20⼈未満の現役職員が、基礎となるSAR-CoV-2で死亡しました。


19.航空機搭乗員訓練プログラム(ATP)5-19、1-8。不必要なリスクを受け⼊れないは、次のように述べています。ミッションの達成に有意義に貢献しないか、⽣命や資源を不必要に危険にさらします。陸軍の指導者は、潜在的な利益が潜在的な損失を上回るレベルのリスクのみを受け⼊れます。


20.研究によると、⼼筋炎のほとんどの⼈には症状がありません。⼼筋炎の合併症には、拡張型⼼筋症、不整脈、⼼臓突然死などがあり、死亡率は1年で20%、5年で50%です。⽶国国⽴医学図書館の国⽴バイオテクノロジー情報センターによると、「最適な医療管理にもかかわらず、全体的な死亡率は過去30年間変化していません」。

 

アメリカ軍医3人の証言

 

済みのパイロットが飛ぶ危険

 

ペンタゴン データ消去中?

心筋炎のデータだけがないのはどうして?

2,016~2,020年のデータが間違って過小だった。そしてデータはオフラインになったが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

16 − 8 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。