新型コロナウイルス

小児科医はワクチン接種の収入に依存して経営している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

謎汁被害データベースで「間質性肺炎」で検索かけた結果(動画埋め込みできないため↑をクリック)

 

梅津秀行さん 間質性肺炎で死去 . 間質性肺炎は、ワクチン開始当初からワクチンが誘発する症例として数多く報告されていた。八代亜紀さんの死因も「急性間質性肺炎」だった。ご冥福をお祈りいたします news.livedoor.com/article/detail
Show more
 

Image

同学社
 
@RMXVrxMetqZbA6e   

Image

 

大阪市立大学医学部名誉教授の井上正康教授からの衝撃的なメッセージ:「パンデミックは、WHOが世界中のすべての人々にワクチン接種を推進するための偽の口実として利用されました。通常10年以上かかるワクチンの開発時間を1年未満に短縮する計画が立てられました。ワープスピード作戦。この作戦は、遺伝子ワクチンの誤った概念を隠蔽するために使用されました。時間節約の名目で、非常に危険な方法が選ばれました。それは、ウイルス遺伝子を筋肉内注射して、毒性のスパイクタンパク質を直接人間の組織に生成し、免疫系を刺激するというものです。これは人類の歴史でこれまでに適用されたことのないまったく新しい方法であり、誤った方法であるため、ほとんどの医師が適切なインフォームドコンセントを与えることは不可能です。しかし、無責任な政府とメディアのワクチン促進キャンペーンにより、残念ながら日本人の80%がワクチン接種を受けました。これまでに7回の接種が行われました。これは世界で最多であり、最悪です。その結果、人類史上かつて見たことのないようなひどい薬物誘発性障害が誘発されました。健康な人々、特に健康な子供たちに実験的遺伝子治療を不正に使用することは、人権の極度の侵害であると私は信じています。」x.com/newstart_2024/ リンクをクリック
 

 

 

ニュージーランド 学校の授業が崩壊。 . 当時の首相ジャシンダ・アーダーンの接種政策で「接種率90%」を達成したニュージーランド。あれから2年が経過したが、接種により落ちた免疫が元に戻っていないようだ。 nofia.net/?p=20246

Image

 
 

Image

 

 

小児科医が、ワクチン投与で医師に与えられる金銭的インセンティブを内部告発

Spiderman886

 

 

小児科医が、ワクチン投与で医師に与えられる金銭的インセンティブを内部告発
05/13/2024 // キャシー・B

ある著名な小児科医は、小児ワクチンは特定の病気の予防に役立つかもしれないが、ワクチンを接種する医師の懐を潤すことにもなると警告している。
Children’s Health Defenseとの最近のインタビューで、ポール・トーマス医師は、CDCの公式小児ワクチン・スケジュールに従わないことが、自身の小児科診療に与える影響について説明した。

ダートマス大学で訓練を受けた小児科医であるトーマス医師は、自分の診療所で親たちに、CDCの公式スケジュールに従って子どもにワクチンを接種するか、子どもの免疫系が先に発達するようにワクチンを分散して推奨よりもゆっくり接種するか、あるいはワクチンを完全に見送るか、選択できることを伝え始めたときに何が起こったかを説明した。

多くの親がワクチンを接種しないことを選択したため、彼はすぐに、約15,000人の患者を診察し、33人のスタッフを抱える彼の診療所への財政的影響を観察した。請求記録と、ワクチン接種率に関連したワクチン管理費と品質ボーナスによる収入を分析した結果、彼はワクチン拒否によって100万ドル以上の損失が出ていることを発見した。続きはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

15 − 13 =