新型コロナウイルス

パンデミック条約の交渉合意できず延期!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

WHOのパンデミック条約を巡る担当者交渉、合意まとまらず終了

配信

 
ロイター

感染症によるパンデミック(世界的大流行)発生時の世界的な準備を整えるための世界保健機関(WHO)の国際条約を巡る担当者交渉は、合意案がまとまらないまま終了したことが10日、分かった。2023年2月撮影(2024年 ロイター/Denis Balibouse)

 

 

 
林 千勝 Hayashi Chikatsu
 
@ChikatsuHayashi
パンデミック条約 今総会採択は延期 ! 英国政府(ロスチャイルド家等が背後)の反対が決定打。 彼らは日本の4.13を脅威に感じた ! 5.31は勝利に向けた最短コース ! 日本を必ず取り戻そう。 ★ WHOのパンデミック条約を巡る担当者交渉、合意まとまらず終了 ★ 5/11(土) 3:31配信 ロイター 感染症によるパンデミック(世界的大流行)発生時の世界的な準備を整えるための世界保健機関(WHO)の国際条約を巡る担当者交渉は、合意案がまとまらないまま終了したことが10日、分かった。2023年2月撮影(2024年 ロイター/Denis Balibouse) [ロンドン 10日 ロイター] – 感染症によるパンデミック(世界的大流行)発生時の世界的な準備を整えるための世界保健機関(WHO)の国際条約を巡る担当者交渉は、合意案がまとまらないまま終了したことが10日、分かった。関係者が明らかにした。 WHOに加盟する194カ国の交渉担当者は、今月下旬に開かれるWHOの総会で法的拘束力のある文言を採択することを視野に入れ、10日の終わりまでに最終合意案をまとめることを目指していた。 ある当局者によると、10日昼の時点でこの文言に関する交渉が打ち切られ、条約策定に向けた作業をどのように続けるのかや、作業に要するのが今後数週間、数カ月、あるいは数年間なのかを検討することに移った。 パンデミックに対処するための既存の規則改定と並び、新たな病原体に対する世界的な予防態勢を強化することが条約文書の目的となる。 専門家は、交渉では公平性などを巡って意見の大きな隔たりがあり、合意に向けた日程がタイトだったと指摘した。一般に条約として知られるこの協定は、一部の国では政治的な問題にもなっている。 交渉に関わったある当局者によると、大半の国がワクチンへの公平なアクセスに力強く取り組むことを支持したが、最終合意には至らなかった。 外部の専門家らは、多くの国で今年は選挙が控えていることもあり、条約への政治的な機運が失われることは長期的な遅れが生じればリスクになると言及した。
 

 

ビル&メリンダ・ゲイツ財団内部関係者、「パンデミックはデマだった」と認める「世界中の政府によって展開されたコロナワクチンは必要なく、ただ大衆を洗脳し、悲惨な結果をもたらす実験的な軍事的心理作戦だった。 newssharing.net/the-pandemic-w 残念なことに、当時その心理作戦を見抜けなかった人々にとって、健康被害はますます悲惨なものとなるだろう。この真実を出来るだけ多くの人々に知ってもらうことが極めて重要である」

ビル&メリンダ・ゲイツ財団内部関係者、「パンデミックはデマだった」と認める「世界中の政府によって展開された新型コロナワクチン接種は必要なく、ただ大衆を洗脳し、悲惨な結果をもたらす実験的な軍事的心理作戦だった」

ビル&メリンダ・ゲイツ財団内部関係者、「パンデミックはデマだった」と認める「世界中の政府によって展開された新型コロナワクチン接種は必要なく、ただ大衆を洗脳し、悲惨な結果をもたらす実験的な軍事的心理作戦だった」

ゲイツが資金援助しているケンブリッジ大学薬学部の大学院研究員、ローリー・ヒルズ[Rory Hills]はこう自慢している:「私たちは、まだ知られていないものも含め、幅広い種類のコロナウイルスから身を守るワクチンを開発しました。」

この考えを不愉快に思うなら、ゲイツの内部関係者がこの開発について何と言うか聞いてからにしよう。

Gates Foundation Insider Admits ‘The Pandemic Was a Hoax’ – Rumble
 

ゲイツの元ウイルス学者が、かつての雇い主の人類に対する闇の計画について内部告発し、Covid mRNAワクチンを接種した人々の間に「罹患率」と「死亡率」の波がやってくると警告している。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団の元科学者でワクチンの専門家であるゲルト・ファンデン・ボッシェ博士[Dr. Geert Vanden Bossche]は、ゲイツのmRNA推進の結果、世界中の人口が「まったく前例のない」急減を経験するだろうと警告している。

ボッシュは、「ワクチン接種率の高い国では、死者の数は30〜40%に達する」と予測している。

Covidパンデミックの心理作戦の蓋を開け、本当の殺戮と死はまだ来ていないことを明らかにしたのはボッシェだけではない。

情報公開請求や訴訟を通じて入手した2,000ページに及ぶドイツ政府の秘密文書は、ボッシェの主張を裏付けるものであり、われわれの主張がほぼすべて正しく、いわゆる「パンデミック」はすべて詐欺であったことを明らかにしている。

これらの事実は有罪を証明しており、世界政府や主流メディアが押し付けるCovidに関する公式の物語が完全にでたらめであることを証明している。

では、あの暴虐なロックダウンと強制はいったい何だったのか?

残忍なロックダウンによってワクチンのためらいを打ち砕き、人々の精神を打ち砕くことは、常にグローバルエリートの目標だった。

残念なことに、当時その心理作戦を見抜けなかった人々にとって、健康被害はますます悲惨なものとなっている。

この真実をできるだけ多くの人々に知ってもらうことが極めて重要である。

 

Image

 

 
>イベルメクチンを備えておきましょう。 もう伝わる人だけでいい。 「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」でワクチン開発を行っていたボッシュ博士が「世界は全く前例のない人口急減を経験する」とした上で具体的な数字を語った。 「死亡者数はワクチン接種率の高い国では30~40%に達するだろう」と。

Image

 

 

政府がワクチン推奨ページを消しまくってる。
 
 
 
 
 

 
macaron
 
@fraisst
消されてる アーカイブあるけどね、うふふ web.archive.org/web/2023031203

 

Image

 

 

画像をクリック

※ 睡眠中に舌の付け根が下がる問題に対して、新たに舌筋肉をシェイプアップする方法を加えて増強しました。当サイトのテーマでもある『睡眠時無呼吸 めまい』何年にもわたって解消法を探してきました。その結果がここにあります。今も症状に苦しむ人に贈る、すべての知識と試行錯誤の集大成。

腱鞘炎が酷くなると何もしなくても痛みが襲ってきます。日常生活を痛みなく送るためには、速やかに解消することが必要です。

加齢に伴ってヒザの不具合は起こって来るようです。サプリや痛み止めが沢山出回っていますが、何かを接種してヒザが治ったという話は聞きません。軟骨がすり減るのが原因だからと、あきらめる必要もありません。日常で1時間程度散歩が出来るレベルまで指導します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

thirteen − four =