新型コロナウイルス

ワクチンに感染するレプリコンワクチン 接種回数が多い人はコロナ感染する可能性が高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村上先生、後藤医師は初期の頃から東北有志医師の会としてラジオ番組を製作(恐らく自己資金)、動画では村上先生を講師にワクチンの危険性を訴えて来ました。国民運動が大きく広がった背景には、先生方の働きかけが大きかったと思います。反ワクチン行動は薬害が明らかとなってフェーズが変わった今、これからは推奨してきた人たちの責任追及が激しく盛り上がろうとしています。

私達は周囲に何も知らず同調圧力で接種してしまう人たちを、ストップさせる行動を進めて行くのみです。この人たちは自分で調べて接種して良いと思ったのではなく、無料だから、同調圧力で、非国民と言われたから、職場や医療実習のために打たざるを得なかった人たちです。何とも薄っぺらな判断ですが、それでも日本人が激減することは止めなければなりません。

 

我那覇真子チャンネルにて村上康文氏が、「レプリコンワクチンの蚊による伝染」に言及。 重要なのは、”蚊の中で増殖できる”という点。 要は、ワクチン接種時よりも多量のレプリコンを、体内に直接注入される可能性すらあるわけだ。 絶対に実用化させてはならない。 元動画 youtube.com/watch?v=xulpxQ
 

 

5/419時〜【生配信】”ワクチンに感染する?!”レプリコンワクチンって何?『mRNAワクチン中止を求める国民連合』発足インタビュー①村上康文先生✖️後藤均先生

 

 

主要メディアが急に「次のパンデミック」を記事にし始めホワイトハウスも戦略を発表。同時に「鳥インフル脅威の進化」等の記事も増加し、WHOも警告を発した。準備は整っている。そして、それはインフルの季節、大統領選の頃やってくる。 off-guardian.org/2024/04/19/bir

Image

himuro  
 
@himuro398
とうとう出たね。。。 ワクチン接種を受けた人は新型コロナウイルス感染症に感染するリスクが高いことが研究者らによって判明

COVID-19ワクチンの接種回数が多い人はCOVID-19に感染する可能性が高く:研究

ワクチン接種を受けた人はCOVID-19に感染するリスクが高かったことが、研究者らによって明らかになった。

COVID-19ワクチンを複数回接種した人は、COVID-19に感染する可能性が高かったことが、新しい研究で明らかになりました。

クリーブランド・クリニックの従業員のデータを分析したところ、2回以上接種した人はCOVID-19のリスクが高いことがわかったと、Nabin Shrestha医師らは報告している。

COVID-19に感染するリスクは、2回接種した人で1.5倍、3回接種した人で1.95倍、3回以上接種した人で2.5倍高かったことが研究者らによって明らかになった。リスクが高かったのは、ワクチンを0回または1回接種した人と比較した。

 
ドキュメンタリー「The Unseen Crisis: Vaccine Stories You Were Never Told」の全文はこちらからご覧ください。

 
 
 

変数を調整した後でも、リスクの上昇は残った。

「この発見の正確な理由は明らかではありません。これは、ワクチンによる免疫が自然免疫よりも弱く、持続性が低いことと関係している可能性があります。したがって、短期的にはある程度予防効果があるものの、ワクチン接種は将来の感染リスクを高める可能性があります」と、プレプリントとして発表された論文で研究者は述べています。
関連記事
独占:CDCはCOVID-19ワクチンが死亡を引き起こした証拠を発見しました
5/1/2024
独占:CDCはCOVID-19ワクチンが死亡を引き起こした証拠を発見しました
裁判所は、ワシントン州警察のCOVID-19ワクチン義務化を支持し、懲戒処分に従う
5/3/2024
裁判所は、ワシントン州警察のCOVID-19ワクチン義務化を支持し、懲戒処分に従う
 
ストーリーは広告の下に続きます
 

この論文には関与していないワクチン研究者のロバート・マローン博士は、エポックタイムズに対し、この論文は「製品が効果がない、または非常に低い有効性であり、(将来的に)否定的な効果に寄与していることを認めた」と語った。

同氏は、研究者らは従業員集団におけるワクチンの安全性を研究していないと指摘した。COVID-19ワクチンは、文献死亡記録によると、致命的な心臓の炎症など、多くの副作用を引き起こす可能性があります。
以前の研究データでも、ワクチン接種回数が多い人はCOVID-19に感染しやすいことが示唆されており、クリーブランドクリニックの科学者による以前の論文やアイスランドの研究などが含まれています。
米国疾病管理予防センター(CDC)は、外部研究に対するコメントの要請を繰り返し拒否しており、接種回数に関係なく、生後6か月以上のほぼすべての人が現在利用可能なCOVID-19ワクチンのいずれかを接種することを推奨していますが、5月後半の会議では、予防効果を高めるためにワクチンの処方を更新するかどうかが議論される予定です
 
ストーリーは広告の下に続きます
 
 
CDCの科学者らは、2月にCDCの週報に掲載された論文で、XBB.1.5亜種を標的とする一価ワクチンの最新版は、JN.1ウイルス株が優勢だった60日から119日後の間に49%の有効性を示したと述べている。しかし、補足データによると、以前の2価ワクチンを接種した50歳以上の人は、症候性感染にかかりやすいことが示されました。

著者らは利益相反を開示しておらず、JN.1の感染にプロキシを使用した方法など、少なくとも5つの制限を認めています。

4月の査読に先立って発表された別の研究では、2023年後半から2024年初頭にかけての入院に対するファイザーの更新されたワクチンの有効性が32%と推定されています。この研究は、米国退役軍人省やファイザーを含む複数の機関の科学者によって実施され、多くの著者が利益相反を報告し、資金の一部はファイザーから来ました。
 
ストーリーは広告の下に続きます
 

人々の免疫系は、新しい変異株に対する防御を犠牲にして、古いウイルス株に反応するように訓練されていることが、ワクチン接種者が感染しやすい理由の1つの理論です。

イェール大学公衆衛生大学院の疫学名誉教授であるハーヴェイ・リッシュ博士は、「複数回のワクチン接種は、現在のワクチンや現在の感染からではなく、1回目のワクチン接種で生成された抗体に不釣り合いに感染反応を増加させ、抗体反応の効果を低下させる、抗体依存性増強または『原罪』の効果がある可能性があります」と述べています。 とエポックタイムズは、論文をレビューした後、電子メールで語った。

コメントの要請に応じなかったシュレスタ博士とクリーブランド・クリニックの研究者らは、2023年末までにXBB.1.5に取って代わったJN.1に対するXBB.1.5ショットの有効性を分析することを目指した。

そのために、2023年12月31日から2024年4月22日までのクリーブランドクリニックの従業員のCOVID-19の発生率を分析しました。

 
ストーリーは広告の下に続きます
 

調査に参加した約47,500人の従業員のうち、838人が期間中にCOVID-19の検査で陽性でした。

未調整のデータでは、更新されたワクチンを接種した人と受けなかった人の間に差は示されませんでしたが、年齢やその他の要因を調整した後、研究者らは、ワクチンが感染に対して23%の有効性を示したと推定しました。

連邦政府および世界のガイドラインでは、ワクチンの遮蔽率が50%未満の場合、ワクチンは効果がないとされています。

研究対象集団における重篤な疾患の数は、重篤な疾患に対する有効性を推定するには少なすぎた、と研究者らは述べた。

リストされた制限には、症候性感染と無症候性感染を分離できないことが含まれていました。利益相反は報告されておらず、執筆者らは資金提供を受けていないと述べた。

 

「新型コロナウイルスのワクチンの販売が減り続けており、同社は新薬の展開や開発に急いでいる。」 人々にとって必要だから新薬を作るんじゃなくて、売り上げが必要だから新薬を作る。 それを売りつけられているのが日本。 医療ビジネスから脱却しないと未来がない。
 
 

【ニューヨーク=吉田圭織】米製薬モデルナが2日発表した2024年1〜3月期決算は、最終損益が11億7500万ドル(約1800億円)の赤字だった。前年同期は7900万ドルの黒字だった。売上高は1億6700万ドルと前年同期と比べ91%減った。新型コロナウイルスのワクチンの販売が減り続けており、同社は新薬の展開や開発に急いでいる。

1〜3月期の1株当たり損益(EPS)は3.07ドルの赤字だった。売上高と1株当たり損益はいずれも市場予想を上回った。同社の唯一の製品である新型コロナワクチンは秋や冬に接種する人が多いため、1〜3月期は売上高が低かったという。

ステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)は2日の投資家向け説明会で「23年11月には財務規律に重点をおいていくと伝えたが、1〜3月期にチームが実現できたコスト削減には満足している」と話した。運営費や研究開発費、販売費などのコストを削減している。

24年12月通期については、40億ドルの売上高見通しを据え置いた。同予想には米食品医薬品局(FDA)に24年半ばにも承認される見通しの呼吸器合胞体ウイルス(RSV)感染症向けワクチンの売り上げ予想も含む。だが、コロナとRSVワクチン接種は秋と冬に多いことから、これら製品の売上高は24年前半には3億ドルにとどまると予想している。

モデルナは新薬の展開を通じて25年に再び成長軌道に戻ることを予想しており、26年には損益均衡を目指す。25年には新型コロナとインフルエンザの混合ワクチンの承認も目指す。

 
パブリックコメント18万件越え!
最終日18時締め切りということで、総数を知りたかったのでコメントしてみました。
17時40分現在、181,509件でした。日本のためにコメントした皆様、大変お疲れ様でした。そしてお礼を申し上げます。
 
 
 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

17 − five =