新型コロナウイルス

国による情報提供だけが正しいというのは許されるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

★「新型インフルエンザ等対策政府行動計画」(案)★ とても気になる諸点 例 ・日本国民への〇クチン接種やマスク着用が大前提の体系。 ・これまでの新型インフルエンザ等の発生時において診断に用いられてきた、PCR 検査等や、病原体の抗原を確認する検査を念頭に置き対策を記載。 ・国は、プレパンデミックワクチンについて、新型インフルエンザの発生後、迅速な接種が行えるよう、必要量をあらかじめ製剤化した形で備蓄する。
 
国は、緊急承認が適用されたワクチンについて有効性及び安全性の検証ができる体制を構築する。(厚生労働省) ・国は、緊急承認が適用されたワクチンについて有効性及び安全性の検証ができる体制を構築する。 ・パンデミックを引き起こす病原体として人獣共通感染症であるものも想定される。パンデミックを予防するためにも、「ワンヘルス」の考え方により、ヒトの病気等に着目するだけでなく、ヒト、動物及び環境の分野横断的な取組が求められる。
 
ワンヘルス・アプローチの推進により、人獣共通感染症に対応することが重要な観点である。
 
・1-1-3. 偽・誤情報に関する啓発 国は、感染症危機下において、偽・誤情報の流布、さらに SNS 等によって増幅されるインフォデミックの問題が生じ得ることから、AI(人工知能)技術の進展・普及状況等も踏まえつつ、国民等のメディアや情報に関するリテラシーの向上が図られるように、各種媒体を活用した偽・誤情報に関する啓発を行う。(総務省、文部科学省、厚生労働省、関係省庁)
 
・ワクチン接種や治療薬・治療法に関する科学的根拠が不確かな情報等、偽・誤情報の拡散状況等のモニタリングを行い、その状況等を踏まえつつ、その時点で得られた科学的知見等に基づく情報を繰り返し提供・共有する等、国民等が正しい情報を円滑に入手できるよう、適切に対処する。(統括庁、厚生労働省、関係省庁)
 
・偽・誤情報への対策として、国は SNS 等のプラットフォーム事業者が行う取組に対して必要な要請や協力等を行う。(統括庁、総務省、法務省、厚生労働省、関係省庁)これらの取組等を通じ、国による情報提供・共有が有用な情報源として、国民等による認知度・信頼度が一層向上するよう努める。(統括庁、総務省、文部科学省、厚生労働省、関係省庁)
 
・火葬能力等の把握、火葬体制の整備 都道府県は、国及び市町村と連携し、火葬場の火葬能力及び一時的に遺体を安置できる施設等についての把握・検討を行い、火葬又は埋葬を円滑に行うための体制を整備する。(厚生労働省) public-comment.e-gov.go.jp/servlet/PcmFil
 
 
 
パブリックコメント提出がまだの方は以下のサイトで提出して下さい。5月7日18時までです。  
ページのリンクが張ってある文書を全て開かないと『意見募集要領(提出先を含む)の全部を確認しました。』がチェックできません。

 

例文10個つくりました 〜ご自由にご利用ください〜 「新型インフルエンザ等対策政府行動計画」(案)に対するパブリックコメント
 
例文①「新型インフルエンザ等対策政府⾏動計画」ではなく、より広義に「感染症(生物兵器含む)対策政府⾏動計画」とし、研究機関等からの意図的な病原体漏えいの可能性を疑い、対応にあたるべきである。
 
例文② 13の対策項目の中に「治療薬・治療法」はあるが、「予防薬・予防法」はなく、その手段が「ワクチン」一択なのは問題である。栄養、睡眠、運動、日光浴など、最も基本的な感染対策についての情報発信を、政府は平時から行い、有事の際にはさらに積極的に行うことで、各人の健康状態に応じた多様な予防策があることを広く国民に認知させるべきである。
 
例文③ 13の対策項目の「情報収集・分析」「サーベイランス」において、専門部会等で議論や結果集約される際には、製薬会社から献金を受け取っていない者のみで行う、もしくは参加者の半数以上がそういった利害関係のない者で行うことで、偏った意見を排除し、真に科学的に公平な結論に帰結することを方針として記載するべきである。
 
例文④ 13の対策項目の「情報提供・共有、リスクコミュニケーション」において、「感染症対策を効果的に⾏うため、可能な限り双⽅向のコミュニケーションを⾏い」とあるが、国民がタイムリーな情報ツールとしているSNSにおいて、政府関係者アカウントが一般国民をブロックする(情報を奪う)ようなことがあってはならない。このことを明記するべきである。
 
例文⑤ 13の対策項目の「情報提供・共有、リスクコミュニケーション」において、「偽・誤情報の流布のおそれ」に言及しているが、COVID-19騒動においては、ワクチン接種者と未接種者の陽性率を比較したデータの集計ミス(意図的かどうかはさておき)や、初期に謳われていたワクチンによる感染予防効果が時間経過とともに謳われなくなったこと等、結果として政府によって誤情報が発信されていた事実がある。このことを鑑み、例えば早期に承認された医薬品の情報については安易に誤情報と判断しないことが重要であり、そのためにはSNS等で各人が自由に発信し続けることがまさに「情報提供・共有、リスクコミュニケーション」として最重要であり、政府判断で安易にアカウントと凍結・削除するようなことがあってはならない。このことを明記するべきである。なお、政府が過去に発信した情報を修正する際には、その理由と最新情報を広く公知する旨も明記するべきである。
 
例文⑥ 13の対策項目の「物資」において、「感染症対策物資等が⼗分にいきわたる仕組みを形成」とあるが、COVID-19騒動ではトイレットペーパーやマスクの欠品、ワクチンの大量廃棄等、需要と供給のアンバランスが発生し、とりわけワクチンについては莫大な税金の損失となった。その反省を踏まえた対策を明記するべきである。
 
例文⑦ 13の対策項目の「検査」において、広域なPCR検査によって「感染者ではない陽性者」を過剰に発生させない旨、明記するべきである。報道される陽性者数に必要以上の恐怖を覚える国民がいることがCOVID-19騒動で明らかとなり、次のいわゆるパンデミックにおいても同様な検査がなされた場合、心理的影響による差別や、適切な対策を実行できない事態の発生を助長するおそれがある。
 
例文⑧ 「横断的な5つの視点」の「研究開発への⽀援」において、「平時から、有事におけるワクチン・診断薬・治療薬の開発につながるよう」支援する旨の記載があるが、感染症全般に対する予防法・予防薬(栄養素)の研究開発こそ積極的に行うべきであり、予防方法としてワクチンしか記載がないのは非科学的であり、被人道的である。
 
例文⑨ 「横断的な5つの視点」の「研究開発への⽀援」において、「初期段階から国が中⼼となり、疫学・臨床情報等を収集」とあるが、そのためにもSNSにおいて、政府関係者以外の有識者、インフルエンサーや個人の発信・交流・共有は自由に行われるべきであり、国は安易に投稿の非表示やアカウントの凍結等を行ってはならない。むしろ、利益相反のない第三者情報として傾聴・活用するべきあり、研究開発への情報収集の一環としてこのことを明記するべきである。
 
例文⑩ 「横断的な5つの視点」の「国際的な連携」において、「国際機関や諸外国の政府、研究機関等と連携」とあるが、製薬会社を大きなステークホルダーとする民間組織であるWHOの意見は偏向する可能性が高いため、重要視しない(日本の民族的・生物学的特性や食事環境・栄養状態等を重要視し、無理に海外と歩調を合わせない対策を判断する)旨を記載するべきである。 ==== 意見募集(パブリックコメント) public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public
 
 
 
 
 
 

 
こーじ(Fellows)
 
@HappyRuler
パブコメの【数】、むちゃくちゃ大事です 原口議員

も仰っています ガンガンいきましょう 「新型インフルエンザ等対策政府行動計画」(案)に対するパブリックコメント public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public

 

 

これ、相当闇深そうです。 人気ユーチューバーが慌てて非公開にしたワクチン動画内で、医師が「卵巣への悪影響はなし」「デマオブデマ」と発言している件ですが、厚労省データから実際には悪影響がありデマではなかった事がバレてしまいました。 コロナワクチンで女性の生理不順、卵巣への副反応等は、日経新聞や日経ビジネスなども2021年夏の段階で取り上げており、厚労省データでも「卵巣出血」「卵巣癌」「月経異常」等のワクチン副反応が多数報告されております。 また、製造元のファイザーもラットを使った動物実験の報告書で、ワクチン内ナノ粒子成分が「卵巣に溜まってしまう」というデータを実際に報告しています。 つまり、デマでも何でもなく国発表データ・製造元発表データということで、卵巣への影響あり、女性の子宮や生理への悪影響があったという事が判明してしまいました。 コロナワクチン後、調子おかしくなったという女性の方いらっしゃいますか? それ、ワクチンの悪影響かもしれませんよ。 使徒不明金12兆円をジャブジャブ使い、人気ユーチューバー等を扇動して「ワクチンは安全」という虚像を作り上げた国家プロジェクト。 もはや戦後最大の国家犯罪です。

Image

Image

Image

Image

 

厚労省も Q&A をこっそり改変

Image

Image

Image

Image

おでっせい
 
@odyssey3543
内科医shamanseirenの解説 2021年12月5日 ・接種した約3万9千人の女性 月経量増加=42%(そのうち3割が月経期間長期化) ・閉経者の不正性器出血=66% ameblo.jp/shamanseiren/e 産婦人科 池澤医師の詳説 2022年9月7日 twitter.com/gomaki19531/st

Image

Image

Image

Image

 

アリゾナ州共和党、ワクチンを生物兵器に認定、ワクチンを押収し法医学的分析を実施する法案可決

2024年4月28日

アリゾナ州共和党は現在、「ジャブ禁止」決議案を可決し、新型コロナウイルス感染症ワクチンを生物兵器・技術兵器のを宣言した2番目の州となった。

アリゾナ州共和党は本日投票を行い、約96%の票で決議案を可決した。

この決議では、新型コロナウイルス感染症ワクチンは生物兵器および技術兵器であると宣言し、知事にその配布を禁止し、司法長官にバイアルを押収して内容物の法医学的分析を実施するよう求めている。

最初の「ジャブ禁止」決議案は、2023 年 2 月に心理療法士のジョゼフ・サンソン博士によって作成された。

現在までに、フロリダ州の共和党郡党約10党が、新型コロナウイルス感染症注射用生物兵器・技術兵器の使用を宣言する「ジャブ禁止」決議案を可決しており、知事にはその頒布の禁止、司法長官にはバイアルの押収と法医学的分析の実施を求めている(thegatewaypundit

 

案件としてワクチンを推進していたのは9件だけではなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

8 + 1 =