新型コロナウイルス

4月19日WCH超党派議連開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎週お届けしている『オミクロンの正体』は、今日現在、井上先生からのメールが届いていませんので、しばらくお待ち下さい。

4月13日東池袋抗議デモの後だけにWCH超党派議連での追及が積極的になっています。ワクチンによる超過死亡は明らかですから、誤魔化しに終始する厚労省が守勢に回っています。『超過死亡』どう考えたって、皆さんがワクチンと呼んでいるものが原因でしょ? 重症化予防効果はオミクロンになって軽症化しているので、そもそも重症化する例が少ないこと。感染予防効果に至っては、接種した者ほど圧倒的に感染している。つまり、mRNAワクチンにはウイルス感染から守ってくれる効果は何もない。

【令和6年4月19日】第6回 超党派WCH議員連盟(仮称)

 

※ 言い訳をする奴は見苦しい。こんな奴は要らないので徹底的に追及するべき 

長文なので要約すると、   「コロナワクチンを安全と言ったのは俺じゃない、審議会だ」   と。   いや、言ってたよね

Image

 

これも証拠保管用です。 しかし、揃いもそろって、ワクチンの安全をアピールしてましたね。何処でワクチンのリスクを周知してたんですかね? 最早犯罪レベルですよ、、 大臣、有識者さんよ。、、

厚労省の仕事 . 紅麹の中身は全力で調べますが、 注射の中身は全力で無視します。 news.yahoo.co.jp/articles/93dca

Image

※ いいえ、正義ヅラして遺伝子ワクチン推進したインフルエンサーは徹底的に叩きましょう! この連中に乗せられて打った人もいるでしょうから。叩くことでこれまでの誤りを正すことが出来るのです。

【正義ヅラして遺伝子ワクチン推進したインフルエンサーを叩くのはもう止めよう!!】 いろんな情報が表に出てくるようになって、はじめしゃちょーやDaiGo、ひろゆき、ホリエモンなど、大物インフルエンサーらが、過去に遺伝子ワクチンを推奨する動画を作成していたことについて、一部のワクチン慎重派・反対派の方々によってネット上で叩かれています。 一部のワクチン慎重派・反対派が彼らを叩く理由は、簡単に言えば「WHOと医薬業界と各国政府が仕掛けたワクチン推進政策に加担しやがって!それで何人の人が犠牲になったと思っているんだ!!けしからん!!」ということでしょう。 しかし、もし今叩かれているインフルエンサーたちを含めたワクチン推進派が発信していたワクチン激推し情報を見聞きしたことで何度もワクチン接種してしまい、その後副反応で苦しんだり亡くなったりした人がいたとして、その責任は果たしてインフルエンサーたちにあると言えるでしょうか? 「当たり前だろ!!」と言う人が多いかと思いますが、私は全くそうは思いません。 これは映画監督であり、エッセイストでもあった故伊丹万作氏が「戦争責任者の問題」で述べていたことでもありますが、騙された側(ワクチンを打った側)にも大きな責任はあるということです aozora.gr.jp/cards/000231/f このエッセイの中で、伊丹万作は以下のことを述べています 「だまされたものの罪は、ただ単にだまされたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになつてしまつていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである」 まさにその通りであると私は思います。 ですから、実際に今現在接種後副反応で苦しまれたり、接種後に亡くなった遺族の方々に厳しいことを言うつもりは毛頭ないのですが、私は結局打ったその人自身の責任が最も重いと思っています。 ワクチン推進派の意見を鵜呑みにしたり、正式な承認プロセスを経ずにスピード承認されたワクチンに一抹の疑問も抱かずに何度も打ったり、周囲の同調圧力に負けて打ってしまった人の多くは、今後はよほどその生き方や考え方や感じ方や価値観を変えない限り、今後同様のことがあったときに、また同じことを繰り返す愚かな人たちであると私は思います。 伊丹万作が述べたように、「だまされていた」と言って平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされることでしょう。 いや、現在でもすでに別のうそによってだまされ始めているに違いないのです。 そんな精神性が低く、騙される自分も悪いと自省・内省できない人たちのことなどもはや放っておけば良いし、むしろできる限り関わらない方が良いと思います。 SNS全盛期のこの時代において、テレビなどで大手マスメディアを使用して国民を洗脳する時代は、もう終わりを告げようとしています。 今後はYouTuberやインスタグラマーなどの、総フォロワー数が数十万人を超えるインフルエンサーたちを利用した情報操作が行われていく時代になってきているのです。 今回のワクチン激推し動画で叩かれているインフルエンサーたちも、いわばその時代の寵児ではありますが、体制側からすれば都合の良い情報発信をしてくれるメガホン・ラウドスピーカーに過ぎず、一般大衆の洗脳道具の一つとして支配層に利用されているに過ぎないのです。 そして、現在世界的なグレートリセットの真っ只中で様々な体制変更がなされる中、これまで隠れていた情報が表に出てきている段階(フェーズ)に入ってきていますが、そんな中で彼らインフルエンサーは厄介者としてトカゲの尻尾切りのように梯子を外され、見事なまでにスケープゴートにされているのです。 そのことを理解していれば、正義ヅラしてインフルエンサーを叩くことには、なんの意味もないことくらい、賢明なフォロワーさんであれば、重々わかっていただけることでしょう。 私からすれば、彼らは単にSNS上で悪者として吊し上げられた他者を叩いてストレス発散して楽しんでいるだけの「正義中毒者」であり、そんな連中の言動は社会全体でみれば害悪でしかないと思います。 健全なSNSユーザーであれば、間違った情報発信に加担したインフルエンサーを叩いたり、あるいは叩いている人たちに同調するのではなく、何が本質であるかを見極め、建設的かつ前向きな情報発信にこそ耳を傾けるべであると思います。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

5 − four =