新型コロナウイルス

感染症の知見が不十分な初期の段階で「強度の高い措置を講じる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

アフリカ人は、mRNAワクチンを要らないといっている。 モデルナはケニアでもワクチン工場を建設しようとしたが、コロナワクチンの注文が全く入らず、それどころかキャンセルされたので計画を断念した。

 

感染症の知見が不十分な初期の段階で「強度の高い措置を講じる」のだそうです。最初から行動制限への意欲が丸見えになっています。政府に任せておけば、さらに多くの犠牲が生じることは明らか。WHOパンデミック条約やIHRで言っていることそのままです。厚労省の副反応検討部会を見れば分るように初めに方針が決まっており、それに合わせて専門家と称する人員を配置し、承認させるのがいつものやり方です。打倒するしかないでしょう。

感染症流行初期でも緊急事態宣言 行動計画、10年ぶり抜本改定

配信

 
共同通信

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

eight − 1 =