新型コロナウイルス

後遺症に朗報! ビタミンD、日光浴で症状改善率60%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

重要な内容です。ワクチン接種後後遺症を解消するビタミンDと日光浴について改めてお伝えします。

歴史上何度かパンデミックはありましたが、その当時はワクチンもなく一部の人たちは死亡しましたが、多くの人々は何もせずに3年程度で自然に終息していました。ですから危険なワクチンを接種しなくても通常の食生活と日光浴で、パンデミックは乗り越えられるということです。ワクチンがなければ死んでしまうのなら、人類はとっくに滅んでいるでしょう。ただし、身体に炎症があればウイルスに感染しやすくなりますから、自分の身体から炎症を取り除くこと。

【2024.3.28】一般社団法人ワクチン問題研究会 記者会見【ビタミンD編】

 

MECFS:筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群

 

 

 

 

 

 

サケの切り身はチリ産(抗生物質、成長ホルモン)を除く

血中濃度測定によりビタミンD欠乏だった。補充療法で改善。

 

 

驚くことに98%がビタミンD不足状態

 

 

※小麦にビタミンDはほとんど含まれないそうです。小麦を主食にして屋内で多く過ごすことはビタミンD欠乏を起こし、ウイルスに感染しやすくなります。食生活の改善を!

 

小麦にはビタミンDはほとんど含まれていません。ビタミンDは主に魚に多く含まれています。魚を摂取することでビタミンDを補給することができます。1

ビタミンDは、カルシウムやリンの吸収を促進し、骨や歯の健康をサポートします。不足すると、子供では骨の成長障害(くる病)、大人では骨軟化症、高齢者では骨折リスクの増加が起こる可能性があります。過剰摂取にも注意が必要で、サプリメントなどで大量に摂取することは避けるべきです1

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

2 × five =