新型コロナウイルス

無料駆け込み接種と紅麹に翻弄される日本人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

新型コロナワクチン接種に無料接種の最後の機会だとして2倍の人が詰めかける。紅麹に毒性があるという疑いが報道されると、スーパーの棚で食品の裏にある原材料表示をチェックする人たち。何が本当に危険なのか分らず、厚労省発表やメディア報道によって翻弄される人たち。自分で調べて判断しない日本人はもう終わっています。5月に予定されるIHR改定も、このままではすんなり通ってしまう可能性が大きいでしょう。日本人にとって最後の分かれ道だと思いますが。

コロナワクチンの毒性や作用機序が分らないのではなく、警鐘を鳴らす人がいないのでもない、声を上げて反対する人がいないのだ。

 
 
紅麹は2,000年前の中国発祥でこれまで血行促進や内臓を温めることで健康増進のために使用されてきた。毒性があるのなら途中の歴史で食用をやめるエピソードがあるはずですが、現在までそのようなものはありません。今回の小林製薬では現時点で原因物質が特定されておらず、紅麹が原因かどうかは不明のまま。AIではこのように説明があります。
 

紅麹は、中国が起源とされる発酵食品で、米などの穀類をMonascus属の糸状菌で麹菌の一種である紅麹菌で発酵させたものです。その赤色から「紅麹」と呼ばれています123

この紅麹は、健康効果が知られており、古くから中国や台湾で使用されてきました。紅麹は、血行促進や内臓を温めるなどの効果があり、中国では紅酒や老酒、紅乳腐製造に利用されてきました。また、薬膳の材料としても重宝されています12

紅麹は、2000年以上前から食用として使用されていたことが記録に残っており、その歴史は古く、中国や台湾では「紅麹煮肉」や「紅酒」などの記載がある書物にすでに広まっていたと考えられています13

この古くから注目されていた紅麹は、血流促進や内臓への作用が具体的に記されている中国の薬学書にも登場しており、その健康効果が知られていました。紅麹は、紅酒や豆腐ようなどを作り出す際にも利用され、発酵によって生み出されたさまざまな成分が含まれています123

紅麹の製法は、蒸した米に紅麹菌を加えて培養することで行われます。この伝統的な製法には「固体培養法」と「液体培養法」の2つがあります。紅麹は非常にデリケートで、特定の環境下でなければ育たず、雑菌にも弱いため、中国、台湾、沖縄の一部の地域でしか製造されていないのです13

紅麹は、その赤い色と健康効果から、古代から現代に至るまで注目されている伝統的な食材です。123

 
 
 

 
小林製薬の件が出てからスーパーでも紅麹の入った食材を徹底して避けようとする情弱が続出する一方、ワクチンの健康被害は一切報道されないせいで、TVが間違ったことを言うはずがないと信じてやまずに何も知らない、気づこうともしない大衆が無料という言葉に煽られ、駆け込み接種に群れをなす。 国民のリテラシーの低さ、アホさ加減にはもはや呆れ果てるのを通り越すほどの絶望しか感じない。 日本が全くと言っていいほどに経済成長しない理由がよくわかる気がする コロナワクチン駆け込み接種、都庁会場に2倍近くの人…無料は31日まで news.yahoo.co.jp/articles/ddec1

 

コロナワクチン駆け込み接種、都庁会場に2倍近くの人…無料は31日まで

配信

読売新聞オンライン

東京都庁

「相談センター」今月末で廃止

 

NHKは何故コロナワクチンの問題を取り上げないのか?とNHKの中の人に訊いたら「だってはっきり分かってないじゃないですか」と言われ、まぁ、テレビ局的にはそうなのかな、とその時は思ったのですが……で、今コレ。

 

紅麹ってどんな食べ物なのか調べたら、2000年以上の歴史を持つ発酵食品だった!

栗栖成之防災士×探偵ライター

小林製薬が販売している「紅麹」の成分を含むサプリメントを摂取した方が、腎臓の病気などによって3月28日現在で入院患者は106人、残念ながら死亡に至った方は4人にのぼっています。

また、紅麹を使用した食品やサプリメントを自主回収する企業も多く、経済的な損失も深刻といえるでしょう。

そこで、小林製薬の紅麹はどのようモノだったのか調べて見ると、中国を起源とした2000年以上の歴史ある発酵食品でした。

米などの穀類を紅麹菌で発酵させた発酵食品

 

小林製薬公式サイト 紅麹
小林製薬公式サイト 紅麹

 

小林製薬の公式サイトによると、紅麹とは米などの穀類をモナスカス属の糸状菌で麹菌の一種である紅麹菌で発酵させた食品で、赤色をしていることから「紅麹」と呼ばれているそうです。

中国が起源で2000年以上の歴史を持ち利用は多岐に渡る

紅麹とは中国を起源とする2000年以上の歴史を持つ、発酵食品で次のような使い方がされています。

  • 紅麹が食用として使用されはじめたのは2000年以上前
  • 中国や台湾では「血行促進」「内蔵を温める」健康効果が知られていた
  • 肉の加工や酒の製造にも利用されている
  • 調味料・食品用防腐剤・天然着色料としても利用されている

紅麹はこのように高い健康効果があり、さまざまな食材や酒類、防腐剤としても利用できることから、多くの企業が紅麹を使っていたと思われます。

中国や台湾では、2000年前から紅麹利用が分かっているため、中国や台湾で紅麹による健康被害が過去にあったか調べて見ました。

中国や台湾では被害情報はなし!フランスではシトリニンによる健康被害の事例がある

中国や台湾での紅麹による健康被害情報は見つかりませんでしたが、フランスでは2014年ごろに紅麹菌が作り出すシトリニンにて、筋肉や肝臓障害の事例があります。

しかし今回の小林製薬の紅麹は、シトリニンを作り出す遺伝子を持たない紅麹菌なので、シトリニンが原因ではないようです。

小林製薬の紅麹の製造法は「長熟発酵」製法

 

小林製薬公式サイト 紅麹とは
小林製薬公式サイト 紅麹とは

小林製薬の公式サイトでは、紅麹の製造方法を次のように説明しています。

小林製薬では、固体培養法をベースにした伝統製法に、独自のノウハウを組み合わせて紅麹を製造しています。そのノウハウのひとつが発酵期間。紅麹菌の種類や作りたい成分に合わせて発酵期間を調整しています。発酵にかける期間は長いものではなんと1か月以上! ゆっくりじっくり発酵させることで、たくさんの有用成分を含む紅麹を作ることができるのです。
引用:小林製薬 紅麹とは

伝統製法「固体培養法」とは

固体培養法をベースにした伝統製法とは、1000年前の書籍にも記載のある次のような製造法です。

  1. 洗った米を蒸して冷ます
  2. さらに二度蒸しして冷ます
  3. ここに紅麹菌を加えて混ぜる
  4. 紅麹菌が均一になるように整えて約10日培養
  5. この間に水やりを3度に分けて行う
  6. 温度と湿度の管理をしながら慎重に培養を継続
  7. 最後に乾燥工程を経て完成

小林製薬では古来よりの製造方法に、独自のノウハウを組み合わせて紅麹を製造しているようです。

この製法では単純に紅麹菌を発酵させるだけなので健康被害など全く問題ないため、今回の健康被害は謎に満ちているといえるでしょう。

紅麹はさまざまな食材に利用できる万能調味料

 

小林製薬公式サイト 紅麹の伝統食より
小林製薬公式サイト 紅麹の伝統食より

 

調べて見ると紅麹はサプリメントよりも、さまざまな食材の調味料として利用されています。沖縄では究極の長寿食と呼ばれている「豆腐よう」は、豆腐を泡盛と紅麹、米麹を混ぜた漬け汁に長期間漬け込み、発酵・熟成させたもの。

また、台湾の長寿島で有名な「馬祖島」の伝統料理には、あらゆる料理やお酒に紅麹が使われています。

クックパッドでは紅麹のレシピが248品

 

クックパッド 紅麹レシピ
クックパッド 紅麹レシピ

このようにクックパッドでも、紅麹を使った料理がたくさん存在しています。

紅麹でなく「未知の成分」が健康被害を起こしている

沖縄や台湾の「馬祖島」などの地域では、実際に紅麹を使った料理などを食べており、健康被害どころか世界中でも長寿地域であることが証明されています。

さらに、国内でもクックパッドを見れば分かるように、一般家庭において紅麹を使った料理を作り、多くの方が紅麹を摂取しています。

これらのことから分かるのは、極めて遺憾とされる健康被害が起きたのは小林製薬の紅麹を含んだサプリメントであり、紅麹自体には問題はないということでしょう。

そうでなければ、紅麹を摂取している方は多く、とっくに大きな問題になっているはずだからです。

確かにどこに問題があったのか解明されるまでは「未知の成分」となるため、恐怖感がぬぐえないのが現実です。ただ、現在家庭にある紅麹が悪影響となる訳ではなさそうなので、破棄などしない方がよいでしょう。一刻も早い原因解明が待たれます。

 

>パッケージを裏返して原材料をチェック。 紅麹が含まれているかどうかに、神経をとがらせる人が多いようだ。 早速踊らされた情弱が、いちいち紅麹が入っているかどうかを確認して回る事態に。 しかしこうやって煽られれば煽られるほど、厚労省の思う壺だってことだ。 ワクチンに関しては徹底して隠蔽してきた成果が、ここにきて見事に表れたってところか。 これで満足か? 【紅麹問題】スーパーでは買い物客の“紅麹チェック”続出 “未知の成分”の「プベルル酸」大阪工場で混入の可能性 news.yahoo.co.jp/articles/d37c4

Image

Image

Image

Image

 

小林製薬問題。 はじまりの男。 笑えない謝礼。

Image

はい、みなさん ワクチンで決定です。 . 紅麹にもプベルル酸にも腎毒性の報告はない。コロナワクチンには?「腎疾患の報告」が、多数あります。 youtube.com/watch?v=oDRGzf

Image

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

twenty − 13 =