新型コロナウイルス

ワクチン接種者からの輸血は受けられるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

以前にもありましたが、ワクチン接種者からの輸血で新生児が死亡。血液を介してmRNA成分が移行してしまうため、輸血を受けた側はワクチン接種したのと同じコンディションになってしまいます。血液を管理する側は政府からの指示に従うだけなので、未接種者は輸血が必要な状況になることをを出来るだけ避けること。

米国でワクチン接種者の血液を輸血したら血栓が原因で赤ちゃんが生後一ヶ月で死亡した 「膝から心臓まで悪化し、臓器不全となった。体は腫れ上がり、血管が破裂しているように見えた」 研究によれば、母乳の中にも血液中にもmRNAが入っていることが判明している。可哀そうに

 

 

アメリカ:ワシントン州の新生児、ワクチン接種者の血液を輸血され、血栓ができ死亡;両親はわざわざワクチン未接種者の血液を準備していたが、病院側はそれを使わず  ワシントン州で生まれた新生児のアレックス君は、95%生存可能な先天性心疾患を患い、さらに貧血で輸血が必要な状態だった。  裏話を話すと:2021年、赤ちゃんの両親は、家族の親しい友人がCovid-19ワクチンを接種した直後に心臓発作で亡くなりました。誰が見てもその友人は健康であり、彼女の死によってmRNAワクチンの安全性に警鐘が鳴らされた。  
 
両親はアレックス君の輸血には、ワクチン未接種者の血液を使いたいと考えていた。そこで、彼らは教会のメンバーを通じてアレックス君の血液に適合するドナーを見つけ、アレックス君がそのドナーの血液を輸血できるように適切な手続きを取り、お金も支払った。  しかし、いざ病院が輸血を始めると、医師や看護師たちは、両親が調達したワクチン未接種

Image

Image

者のドナーの血液が見つからないと言い出したのである。そこで、両親の同意なしに、病院の一般備蓄品から(ワクチン接種者から採血されたと思われる)血液を取り出し、それをアレックス君に輸血した。  医師や看護師は、アレックス君は大丈夫だと言い、赤ちゃんが血栓になることはめったにないと

Image

告げた。  輸血後間もなく、アレックス君の身体に大きな血栓ができた。血栓は膝から心臓まで続いていた。病院は、赤ちゃんはいつも血栓ができるもので、これは正常なことだと態度を変えた。  アレックス君は、年齢と体格に合わせた最高量の抗凝血剤を投与されたが、血栓は全く消えなかった。それからわずか12日後、アレックス君は大きな血栓のため、悲しいことにこの世を去ってしまいました。  

聖心小児病院は、写真、医療費請求書、死亡診断書などの十分な証拠があるにもかかわらず、アレックス君が病院にいた記録はないと主張している。  アレックス君のご両親は、木曜日の夜6時(中央標準時)、7時(東部標準時)に、スティーブ・カーシュと共にVSFに出演する予定です。  アレックス君のご家族を支援したい方は、こちらのGoFundMeのページをご覧ください。輸血の必要な人は気を付けないといけませんね。

アレックス君の件はご両親がわざわざワクチン未接種者のドナーを見つけ、それを輸血するための手続きをちゃんと取っていた。病院がアレックス君を殺したと言っても過言ではない。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

13 + sixteen =