新型コロナウイルス

接種者の方が2倍死にやすいという論文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界的なワクチン接種に初期の頃からノーを表明した人物。 ロバート・マローン。日本人へのアドバイスは『政府の義務や勧告に従わないこと』だと言っています。欧州や米国では新たに接種する人はもういません。アフリカ諸国は当初から接種しておらず、大きなパンデミックを免れました。接種しているのは一部の限られた基礎疾患患者や高齢者のみです。世界中をみても現役世代が喜んでワクチンを打っているのは日本人だけです。

かつてガラパゴス化が言われましたが、今でも珍しい思考と行動をする民族として突出しているのでないでしょうか。多くの薬害の歴史があっても、政府が言うから信用する、皆が打つから自分も打つ、同調圧力に耐えかねて打つ、それに反するものは全てデマだと。何時まで言っていられるのでしょうか。超過死亡数は既に40万人です。いつまで経っても変異株が出て来て収束しないのは、ワクチンを打ち続けるからですね。接種をやめない限り収束はないが、日本人は理解できるのか。

ウクライナ東部のドンバスを最も知る1人、ドキュメンタリー映画「ドンバス」(2016年)を撮ったアンヌロールボネル監督をゲストに呼んだことから、ウクライナ軍による民間人虐殺の事実が放送されてしまう – NewsSharing

looking on X: “https://t.co/VbTSX9S83e” / X (twitter.com)

Image

既に決着は付いています。ワクチン接種すればするほど、感染者数が拡大していく現実。あとは論文等でその裏付けがされること。超過死亡40万人のほとんど全部が接種者である事。

JPSika ワクチン接種者が2倍死にやすいという論文

https://www.frontiersin.org/journals/immunology/articles/10.3389/fimmu.2024.1325243/full

 

・コロナワクチンを打っている人の方が打ってない人よりも2倍死にやすい

・オハイオ州立大学『コロナ死亡と抗体反応に対するワクチンの影響』

・2020年5月~2022年10月 ICU入院患者総数112人

・接種群の死亡率は70%、非接種群の死亡率は37%で約2倍。

・持病のある人、年齢の高い人を補正してもこの数値となった。

接種した死亡者では抗N igMが低いこと。ワクチンを打つと抗N抗体が出来難いこと。

・事実として、打てば死にやすくなること。

 

接種者はすべての種類の抗N抗体が低いから、重症化予防が出来ずに死んでしまう。

 

免疫を抑制するigG4が接種者で高いレベルにある。そのため重症化しやすい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

thirteen + ten =