新型コロナウイルス

Hバンデン・ボシュ:今後接種者に訪れる3つの病気とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワクチンパスポートに従って客を中と外に分けなかったという理由で、店の前にコンクリートブロック、営業妨害、逮捕までされる。日本で起こらないと言えますか?

 

豪州最高裁、コロナワクチン接種義務を違法と判断 2月27日の判決で、クイーンズランド州最高裁のグレン・マーティン判事は、2021年12月にクイーンズランド州警察のカタリーナ・キャロル長官が出した、新型ワクチン接種を義務付ける指令は、人権法に基づき違法であるとの判決を下しました

 
 
※ 過去最大の健康被害ではないんですか? 武見厚労大臣『審議会では現時点で重大な懸念は認められない』 これで良いのでしょうか?
 
 
@jhmdrei
コロナワクチン: 今月には認定死者が 500人を超えます。 youtube.com/watch?v=U1QKdu

Image

 

『癌』 「90%以上のがんは数週間で完治する」 かなりの長文ですが、がんに関心のある方は是非ともお読みください。
 
 
車道 段差 (shadow_dancer)
 
@shadow11d22a33n
コレステロールは壊れた細胞を新しい細胞に再生する働きがあります。 (最近では、コレステロールはある程度高い方が良いという医学者も少なくない) LDL、HDLをそれぞれ悪玉コレステロール、善玉コレステロールと呼んでいますが、これらは総コレステロールを運ぶ役目を持つ大切なたんぱく質です。
 
車道 段差 (shadow_dancer)
 
@shadow11d22a33n
ドイツでは医師の平均寿命は56歳です。というのは、アルコール依存、麻薬常習者が他の業種よりも高く、自殺率も高いのです。特に精神科医が高いのです。
 
 
【これからは私の資料からです】  私はこれまで人の健康障害の真の原因と予防、そして病気を治せない、治そうとしない対症療法でしかない西洋医学の大嘘について、分子生物学を徹底的に調べ、そこからから得た情報に基づき、約5年間PowerPointでのプレゼンテーションで健康セミナーを続けてきました
 
これらはその時に作成したデータの一部からのコピーです。今日は関連して「がん」に関する部分をお伝えします。 日本でも以前こんなことがありました。「丸山ワクチン」は、平成4年に90歳で亡くなった丸山千里日本医科大学名誉教授が作り出した「免疫療法がん治療薬」です。
 
だが、がん治療薬として申請したにもかかわらず、東大医学部を頂点とする医学界の不条理な権威主義や、官民の癒着の中で現在に至るまで認可されることはありませんでした。
 
丸山ワクチンは1976年11月、ゼリア新薬工業から厚生省(現厚生労働省)に「抗悪性腫瘍剤」としての承認申請を行いましたが
 
5年後の1981年8月に厚生大臣の諮問機関である「中央薬事審議会」は、殆ど審議することなく「有効性を確認できない」として不認可を決定しました。
 
 
丸山ワクチンの代わりに医療・製薬業界は急遽クレスチンとピシバニールという二つの「抗がん剤」を急造し、中央薬事審議会に圧力をかけたのかすぐに認可させました。
 
しかしこれら二つの抗癌剤は発売から12年後、厚生省からこの二つの抗癌剤について突然「効果なし」と裁定したのです。年間500億円もの売り上げで医療財政を圧迫し、税金を食い物にし続けたため、当時の大蔵省からのクレームでした。
 
これまで1兆円を上回る莫大な医療費が業界へと流れ続けたにもかかわらず、多くのがん患者の命を奪ってきたのです。 それでも発売禁止にはならないため、医療界、製薬業界は厚顔無恥にも現在も発売し続けています。
 
一方丸山ワクチンは今でも厚労省から認可を拒否され続け、患者の全額有償でのみ使用が許可されています。当時この丸山ワクチンは製薬業界と医療界にとっては邪魔だったのです。最近STAP細胞が潰されたのと理由はまったく同じです。
 
しかし驚いたことに認可に反対し続けていた東大医学部の教授たちやその他の医療関係者や官僚たちは、自分ががんになったら真っ先に丸山ワクチンに助けを求めてすがりついていました。
 
正に金儲けが第一で、患者の命は彼らにとっては金儲けのための道具でしかありません。それは日本もドイツも諸外国も同じです。
 
これは月刊「ザ・フナイ」からの出典です。 1985年、アメリカ国立ガン研究所(NCI)のデヴィタ所長は『分子生物学的に見ても抗ガン剤でガンは治せない』とアメリカ議会で証言した。
 
農薬を使うと農薬の効かない新種の害虫が発生するのと同じで、ガン細胞は自らのADG(アンチ・ドラッグ・ジーン)の働きで、抗ガン剤の効き目を打ち消してしまうのがわかった、と所長は言ったのである。 抗ガン剤の正体は増ガン剤と言うことになる。
 
 
 
※ 少し前の記事になりますが、大事なことなので紹介します。 Hバンデン・ボシュ。以前に『12時5分過ぎです』の記事を紹介しました。オランダ語の動画があります。分る人はリンクからどうぞ。
 
 
 
Image
 
 
イベルメクチンを買いだめし、接種をやめ、グローバリストの捕食者を追い詰めましょう
 

ヘールト・ヴァンデン・ボッシェは、免疫学とワクチン学の世界的に有名な専門家です。彼は勇気と自己犠牲を払って、コビドのアジェンダと強制注射キャンペーンについて国民に警告し、教育してきた、とトロッツィ博士は書いている。

抗体媒介性選択抗体依存性増強は致命的な組み合わせです。人工SARS C0V2ウイルスとcovid-19遺伝子「ワクチン」注射が一緒になって、相乗的な生物兵器システムを形成します。

これらの深刻な生物学的脅威は、私がすべての人に「目を見開いて」、その影響に備え、グローバリストの捕食者を全力で集中して追い詰めるよう呼びかける理由の1つです。

Vanden Bossche博士は、ウイルス学、ワクチン学、集団免疫、免疫逃避、免疫機能障害、抗体依存性増強の複雑さについて非常に深い知識を持っています。彼は謙虚で、十分な情報を持ち、結論は遅く、細心の注意を払い、警告と助言は勇敢で思いやりがあります。未来を予測することは困難ですが、ヴァンデン・ボッシェ博士の警告を真剣に検討することをお勧めします。

私の予測が正しければ、誰が危険にさらされ、誰が危険にさらされていないのでしょうか?- ヘールト・ヴァンデン・ボシェ博士

ここでは、Vanden Bossche博士が、将来、コビド疾患の重症化リスクが最も高いと思われる人物を特定しています。そして、彼は高度に「ワクチン接種」された集団における病気の3つの波を説明しています:まず、私たちが現在経験している炎症性疾患と凝固性疾患の波。第二に、自己免疫疾患の現在および拡大している波。そして第三に、まもなく続くと予想される波、すなわち超急性COVID-19疾患の波です。

  ママのツイッターのタイムラインは、ワクチン接種で10代の息子が負傷した後、ワクチン賛成派からインフォームドコンセント賛成派への転換を示しています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

13 − one =