新型コロナウイルス

何故『多くの命が救われた』というのに、超過死亡が増えるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
@corowaku_memo
「2回目までは救われた命ある」論が再燃してますが、ジンペイ先生が一連の投稿で丁寧に解説してます。 「なぜ多くの命が救われて超過死亡が増えるのか?」 ほんとこれに尽きる。命が救われたら超過死亡は増えないはず。しかも接種前年は超過死亡減だった。事実を正しく理解すれば「命は救われてない」

Image

 

おでっせい  
 
@odyssey3543
>「なぜ多くの命が救われて超過死亡が増えるのか?」 と言うと… 「ワクチンのお陰でこの程度で済んだ! 射ってなければもっと死者が増えたー」 と叫ぶ人がいます そういう人に対する問い 「去年世界4位だった日本の超過死亡数、ブッチギリで世界一になってたの?

Image

Image

Image

Image

接種してから2週間は死にやすい そしてその2週間は未接種扱い もっと長い目で見るとワクチンの効果は、わずか数か月 しかし、有効性論文で見ているのは、ほとんど90日間まで

Image

 

Image

※ 『多くの命が救われた』と『超過死亡の増大』この2つは両立しないそうです。だから多くの命は救われてません。

”「2回目までは救われた命ある」論が再燃してますが” ワクチン承認時、発症例、重症例が少なかったそうです。 1回目接種ですごく亡くなった方が多い。 とか 基礎疾患のある40代50代が亡くなるのは想定できるとか 死亡を誘発した副反応がある事も認めていますし。 何の為のワクチンかわからないです

Image

Image

Image

Image

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

three + 16 =