新型コロナウイルス

心臓の損傷部が破裂して突然倒れるのは何故か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これからmRNAワクチンの毒性が明らかになり、会社等の各関係者、施設管理者、政府、厚労省などに対する責任追及が始まっていくでしょう。その時に彼等は恐らく責任逃れするために『専門家の指導に従ったまでだ』という言い訳をすると思われます。ワクチンを打たせて死亡させたとなると、自分で責任を負うことは出来ないでしょう。しかし、ワクチンの毒性を分っていて最初から接種拒否をした人たちを忘れてはいけません。彼等はそれを知っていたからです。それに比べてどれだけ無能で頭が悪いのか、これだけは言えると思います。『一生をかけて償え』と。カルマとなって地獄へ落ちるべき。

 

出た! 『私は悪くない専門家に従ったまで』 今後はこうしたセリフがワクチンを主導した連中から沢山聞かれるようになるだろう。 そう振られた専門家が何と言うかは決まってる。 『当日分かってた知見によると~なので私たちは悪くない』

 
心臓の損傷部が 突然、破裂する。 . ワインスタイン博士:心臓でスパイク蛋白質が作られた場合、免疫に攻撃されます。ワクチンの心筋炎の正体は炎症ではなく、実は損傷なのです。そして激しい運動中に「傷」に圧が積み重なって「いきなりパカっと」開く、破裂するのです note.com/masakoganaha/n
見出し画像

【生配信】なぜ急に倒れる?進化生物学者に訊く!私達の身体に起きている注射の影響 ブレット・ワインスタイン博士インタビュー interview with Dr. Bret Weinstein

Masako Ganaha

 

 パナマの不法移民調査に参加した際、世界的に著名なブレット・ワインスタイン博士にお会いする機会に恵まれました。

※ Twitterの貼り付けが上手く行かないため、下の動画を拡大して視聴して下さい。一番下の右側四角になっているところをクリック

 博士は最近元FOXニュースキャスターのタッカー・カールソンのインタビューに応じ、注射の人体への影響について独自の仮説を解説、なぜ特にアスリートが突然倒れる出来事が起きているのか等話題となりました。
 今回は、そのお話を直に伺うことができました。
 
 合わせてWHOのパンデミック合意に関し、どのようにこれを阻止することができるのかその展望についても質問しました。

 是非インタビューをご覧ください。
 ※インタビューの文字起こしは一番下

 ブレット・ワインスタイン博士の発信はDarkhorseを要チェック

Xアカウント

 

タッカー・カールソンとのインタビュー
Ep. 60 Is the lesson of the Covid disaster that we should give its architects more power? Bret Weinstein on the WHO’s plans for you.

Ep. 71 Bret Weinstein traveled to the Darien Gap to understand who’s behind the invasion of our country. His conclusion: “it’s not a friendly migration.”

 

 パナマは自然がとても豊かです。ワインスタイン博士は過去にパナマ運河に位置するスミソニアン研究所で葉っぱでテントを作るコウモリについての研究をしていたことがあるそうです。
 そしてジャングルから帰ってきた時に皆で、運河近くの森に行きコウモリ探しをしました。

画像

コウモリのテント発見!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

fourteen − 7 =