新型コロナウイルス

今でも恐怖を煽る専門家とメディア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読んではいけない「反ワクチン本」 忽那賢志(大阪大教授)

『反ワクチン論者たちは、その不安につけこんでいる。ワクチンを打てば感染や重症化は高い確率で防げる。DNAは、細胞内の「核」と呼ばれる部分に存在し、しっかりとした構造の中で守られています。外部から簡単に書き換えられないように作られているのです。ワクチンを使ってmRNAを体内に注入しても、遺伝子がある細胞の核内に入り込むことは不可能です。遺伝子の改変はあり得ません。

mRNAワクチンの成分が長期的に体内に残ることはありません。mRNAは、細胞内でタンパク質を合成するリボソームで数日以内に使用され、その後すぐに分解されるからです。mRNAによって産生されるスパイクタンパクも、接種後2週間で体内から消失すると言われています。』(引用ここまで)

 

※ DNA混入疑惑については、マッカーナン氏他数名の研究者によって明らかにされています。どのようにして核に入るのかは、村上先生によって解説されました。mRNAワクチンが分解されるについては、CDCサイトから秘密裡に削除されていると以前お伝えしたとおりです。数日や数週間で分解されないから削除したのです。帯状疱疹皮疹部からスパイクタンパクが検出されたと、高知大学佐野教授によって報告がありました。

未だにワクチン推進派の見解が出されていること自体が異常という他はありません。あなたはこれを信用しますか? それともこの見解を排除しますか? ならば反論してみて下さい。このサイトで1,000回分ワクチンの危険性を訴えてきましたが、抗原原罪(免疫インプリンティング)による変異株対応ワクチンの無効化、igG4による免疫抑制、スパイクを免疫が攻撃する自己免疫疾患等によるADE:抗体依存性感染増強の問題を1つも解決していません。

 

 

能登半島地震を「コロナ怖い」に利用する人たち いまだに恐怖をあおる専門家とメディア(中川淳一郎)

配信

デイリー新潮

イラスト・まんきつ

新潮社

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

16 + 1 =