新型コロナウイルス

オンラインシンポジウム『mRNAワクチンという人類の脅威』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mRNAワクチン問題を追及する市民の会

シンポジウムダイジェスト前編

【前編】「mRNAワクチンという人類の脅威」 〜DNA汚染、レプリコンワクチンの危険性〜

【mRNAワクチンという人類の脅威〜DNA汚染、レプリコンワクチンの危険性〜】
[ダイジェスト前編]

登壇者:
村上康文 東京理科大学名誉教授
佐野英紀 高知大学名誉教授
Dr. Kevin W McCairn 脳神経科学者
藤川賢治 医療統計情報通信研究所 所長

司会:駒野宏人
通訳:Rimo Yoko 国際医療情報アナリスト

主催: mRNAワクチン問題を追求する市民の会
[Xアカウント @mrna_stop]

後援:東北有志医師の会 / 高知有志医師の会

◼️お願い◼️

1️⃣このシンポジウムの拡散宣伝をどうぞよろしくお願いします。

2️⃣mRNAワクチンへに反対する意思を示すため、

「mRNAワクチン問題を追求する市民の会」 (Xアカウント@mrna_stop) をフォローお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卵巣、心臓、脾臓、あらゆるところで増える

キーワードは『非劣勢』でファイザーと比べて劣っている点はないこと。中和抗体レベルは同程度で副作用も同程度だということ。ファイザーと同じくらいの副作用が出現する。レプリコンで接種量を減らせるメリットはない。

遺伝毒性試験、ガン原性試験、個体間伝搬の試験、これらが行われていない。失敗作と烙印が押されて終わるだろう。

 

 

最初の部分だけで済みませんが、これまでmRNAワクチンの薬害を見てきた皆さんには理解できる内容です。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

sixteen − four =