反グローバリズム

マイナカードの先行きが怪しくなってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内でマイナンバーの返納運動が始まっているようで、それを伝える記事の数が増えています。マイナンバーを安全に使いたければマイナンバーだけにしておくこと。紐づけけをすればするほどトラブルは増えて、情報漏洩が起こりやすくなります。銀行口座情報が人に見られることは嫌ですよね。

広島県内で本年度、マイナンバーカードの自主返納が少なくとも17市町で193件あったことが26日、各市町への取材で分かった。トラブルが全国で相次いだ5月以降、返納が増える傾向にあり「制度が信頼できない」などの理由が目立つ。

マイナンバーカードで最も怖いのは個人情報漏洩 何か起きても「デジタル庁は責任を負わない」と規約に明記

「マイナ保険証を使わない人への嫌がらせ」 マイナ推進なら「保険証廃止」で医療情報の「誤ひもづけ」問題も

 

政府ゴリ押しの「マイナカード」返納するにはどうする? 今あるトラブル・疑問の解決法を徹底解説

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

マイナカードは返納できるのか(C)共同通信社

死亡時のマイナカードの返納義務はない

自治体が設置したマイナンバーカード申請の「出張窓口」/(C)共同通信社

職員全員が番号を覚えているわけではない

(C)日刊ゲンダイ

運転免許証で本人確認できなくなる!? 加速する「マイナンバーカード一体化」に「ふざけるな!」「ヤバすぎる」と怒りの声

配信

 
くるまのニュース

運転免許証で本人確認できなくなる!?

運転免許証で本人確認できなくなっちゃう?(画像はイメージ)

青田 海

マイナンバーカード 情報漏洩が不安なら「口座連携」は解除可能、自分で拒否の意思表示を

配信

 
マネーポストWEB

マイナンバーカードの情報漏洩リスクにどう対処する?(イメージ)

マイナ保険証で「無保険状態」のリスク

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

seventeen − 9 =