反グローバリズム

劇的な陽動作戦で一気にキエフへ100㎞地点まで迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プリゴジンがクレムリンに反逆を企てたものの、わずか20万の兵力では勝ち目はないと思われ、ベラルーシに亡命かと報道されたのですが、とんでもない陽動作戦だったことが分りました。衛星画像でアメリカからもロシアからも軍の動きが分ってしまうために、あえて陽動作戦でロシア内の内紛に見せかける必要があったのでしょう。先ずは日本のバカメディアから見て下さい。まんまと騙されているのが分ります。

ワグネル創設者、丸1日消息不明 生命脅かされるとの見方も

2023/6/26 08:11産経新聞

ロシアで武装反乱を起こした民間軍事会社ワグネルの存続に不透明感が増している。隣国ベラルーシへの事実上の亡命が決まった創設者プリゴジン氏の消息は丸1日不明で、指揮系統が揺らぐ可能性がある。戦闘員の処遇についても反乱に加わったかどうかで差をつけられ、組織が分断するリスクもはらむ。

プリゴジン氏はこれまで、定期的に戦況や自身の動向を通信アプリに投稿してきたが、24日午後8時半ごろの進軍停止を表明した音声メッセージを最後に止まっている。

一時制圧した南部ロストフナドヌーの軍司令部を車で出発する様子の動画も報じられたが、以降の行方が分かっていない。プリゴジン氏の報道担当者は25日、ロシアメディアに同氏と連絡が取れていないことを認めた。

米CNN放送の元モスクワ支局長は「裏切り者であることに変わりはなく、プーチン大統領は決して許さないと思う」と指摘。ベラルーシで生命を脅かされる可能性があるとの見方を示した。(共同)

※ プリゴジンがが丸1日消息不明で生命が脅かされる? と報じていますが、本当でしょうか。実はベラルーシに亡命と見せかけて、キエフの北まで100㎞の地点まで進軍していた、ここから目指す先はウクライナの首都キエフです。世界中を陽動作戦で騙す作戦は見事でした。

2023.6.26【ロシア】クーデターでも内戦でもない, キエフ攻撃作戦か?【及川幸久−BREAKING−】*動画の中で「キエフから100メートル」とありますが、100キロの誤りです。すみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

5 × three =