反グローバリズム

ジョンFケネディ暗殺の新証言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョンFケネディ暗殺事件は1963年11月テキサス州ダラスで、パレード中に狙撃され暗殺された事件です。この事件の犯人や背後にいる勢力など解明されていないことが多数あって、まだまだ疑いを持って見る国民が多いようです。犯人として逮捕されたオズワルドは2日後に警察署内で射殺され、口封じされました。FBIやCIA、軍などが協力して事件を起こした可能性があり、背後にいるのは当時のベトナム、キューバの戦争に利権を持つDSではないかと言われ続けています。

そして同じく暗殺されたケネディの弟ロバート・ケネディの息子であるロバート・ケネディJrが、当時の状況を語っています。7月8日安倍元首相暗殺事件の背後に米国がいるとする側からは、ケネディ暗殺事件と重なる部分が大いにあるということになります。もう一つ言われていることは、ケネディが政府通貨を発行したことが、中央銀行の株主であるDSの利害とぶつかって暗殺の引き金になったとも言われます。ケネディ大統領暗殺事件 – Wikipedia

まずは及川さんの解説から。

(ケネディは)彼は戦争に行くことを拒否したのです。彼は軍産複合体に囲まれ、早くから情報機関を学びました。CIAと情報機関の目的は軍産複合体のために新しい戦争のためのパイプラインを絶えず作ることだと、彼は早くから気付いていました。彼が大統領の就任宣誓をする3日前、退任する大統領であったアイゼンハワーは、アメリカ史上最も重要な演説を行いました。

それは軍産複合体に対する警告でした。私は叔父の大統領就任式に出席しました。その日、私はワシントンにいました。私は当時6歳の少年で、就任式の間、彼の後ろにあるスタンドに座っていました。これはその事を理解していて、2ヶ月後になると軍と諜報機関が彼のところに来て、キューバを侵略しなければならないと言ったのです。彼は、キューバには行かないし、軍にも行かせないと言ったんです。

しかし軍部は『我々はキューバ人を集めて訓練し、カストロを攻撃するつもりだ』と言いました。彼は『アメリカ政府はそんなことは出来ない』と言いました。私達は攻撃することは出来ません。カストロのやっていることは気に入らないが、他国の政府のあり方に口を出すのはアメリカ政府の仕事ではない。そして彼等は言った。

『彼等が上陸したら直ぐに大革命が起こるだろう』『皆が立ち上がってカストロを打倒するんだ』そして彼は『米軍は使えない』と断った。結局CIAはユナイテッドフルーツ社の船で訓練したキューバ人を連れて行った。その最中、夜になって彼等(軍とCIA)は彼のところにやってきて、海岸で全滅しているから軍隊を派遣して侵略してくれと言ったんです。すると彼は『そんなことはしない』と言った。

そしてその会議を終えると、彼等が嘘をついていたこと、騙そうとしていたことに気がついたんです。そして『CIAを1000個に粉砕して風に散らしたい』と言ったのです。その後、彼が大統領を務める1000日間、彼は軍や情報機関との戦争状態にありました。

彼等は彼をラオスに行かせようとした。彼はノーと言った。彼等は彼にベトナムの戦闘部隊と共に進軍するように進言した。彼等は我々には25万人もの戦闘部隊が必要だと言った。彼はそれを拒否した。彼の周りの誰もがベトナムに行くことを望んでいた。彼はジェームズ・メレディスをミシシッピ州のオレ・ミスに入学させるために、彼が言っていたより少ない数の16,000人の軍事顧問を送り込みました。

彼はベトナムにはさらに少ない人数を送ったのです。彼等は戦うことを許された。彼等の多くは戦った。彼等は交戦規則に違反した。63年10月、グリーンベレーの兵士がベトナムで殺されたと聞いた。そして彼は『ベトナムでの全戦死者リストが欲しい』と言った。すると彼の側近が来て『ベトナムでの全戦死者は75人です』と言った。彼は『それは多すぎる』と言いました。

そして彼はその日、国家安全保障令に署名し、ベトナムから全ての軍隊、アメリカ軍を撤退させることを命じました。最初の1,000人は翌月に、残りは65年の初めまでに撤退させました。そしてその1ヶ月後、彼は殺されました。しかし、彼の考え方は海外にいるアメリカ人のあるべき姿は、銃を持った兵士ではなく平和部隊のボランティアであるべきだというものでした。

それは井戸を作る平和部隊のボランティアであるべきだ。そして貧しい人々を助けるUSAIDであるべきだ。そしてアライアンス・フォー・プログレス(進歩のための同盟)が中産階級を育成すべきです。そして彼は実行したのです。その結果、世界中の貧しい子供たちに栄養を与えるケネディ・ミルク・プログラムを始めたのです。

アフリカにはジョン・F・ケネディの銅像、彼の名を冠した大通り、病院、学校、大学、全ての主要都市に他のどの大統領よりも多くのケネディの名が付けられているのです。そしてこれは、中国がそのテンプレートに乗っかって同じことをやっているのです。私達と同盟を結んでいたはずの国々が、今や中国と同盟を結び、中国の通貨に切り替えているのですから、中国人は人を殺すためにいるのではありません。

彼等は人々を殺すのではなく、道路を建設し、大学を設立し、専門学校を開設するために存在しているのです。そして人々はその方が好きだということが分ったのです。私達は軍事力ではなく、世界全体に経済力を発揮すべきなのです。そうすれば私達はもっと強くなれるはずです

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

3 + two =