反グローバリズム

マイナンバー「取得せかし、メリットだけ強調」悪徳商法と同じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

始まったマイナカード自主返納という一揆。制度の盲点をついた効果的な反撃で岸田政権ごと終焉へ=今市太郎

 

マイナカードの紐付け失敗による利用現場での混乱は、日を追う毎に激しくなっています。
それが政権支持率の急落になって現れているものと思われますが、そうした状況下で一気に加速
し始めているのが、「マイナカードの自主返納」という動きです。これは制度の盲点をついた
最も効果的な反撃手段です。(『 今市的視点 IMAICHI POV 』今市太郎)
 
 

ついに始まった「マイナカードの自主返納」という国民の抵抗

マイナカードの紐付け失敗による利用現場での混乱は、日を追う毎に激しくなっています。

そしてとうとう他人が「顔認証」でも利用可能になるなど、お粗末極まりない状況まで起こりました。

本来、ここまでシステム設計が破綻しているのであれば、いったんすべて利用停止してもう一度ゼロから制度を考え直すべきでしょう。

しかしながら、バイデンの発言に聞く耳を持っても国民の声には一切聞く耳をもたなくなった岸田首相は、紙の保険証の廃止を撤回しようともせず、多くの国民が絶望的な気分に陥りはじめています。

カード自主返納は制度の盲点をついた効果的な反撃手段

このマイナカードはそもそも、自主的な判断で作成申請・利用するというのが大前提。海外に転出する場合や有効期限切れの状況では、もともと返納が求められています。

また自己都合で自主返納するという緩い規約がそのまま残っていますので、「保険証だ」「免許証だ」「利用銀行口座の紐づけだ」といった、ある意味部分的に必須の条件をいくら繰り出してみたところで、もとのカードが返納されてしまえば「はい、それまでよ」という状況で、そもそもの運用制度設計がまったくできていないのが実情です。

この盲点はメディアでもさほど紹介されているわけではありませんが、利用現場ではマイナカードの自主返納が加速しているといいます。

さしもの総務省も返納者激増という事態はまったく想定していなかったようで、どれだけの返納数が出ているのかは把握できていない様子。

返納された数すらわからない…ということをみても、このIT利用システムがかなりポンコツであることを彷彿とさせる状況です。

利害関係者以外すべての国民が返納すれば、マイナンバーも政権も終了に

マイナカードの利用をめぐっては、直接的に利益を受けることができないためなのか、本来は岸田政権を支えるはずの一部の自民党議員からもその強引な利用に批判が集まっています。

さらには連立を維持している公明党の支持母体である創価学会の会員ですら、そのすさまじい実害を我慢して利用するわけにはいかなくなっている様子。

この機能不全のカードを利用するのは、マイナカードによほど強い利害のある関係者、盲目的に政権を支える壺カルトの信者、さらにシステムの実装を請け負ったIT企業の関係者…くらいしかいないのではないかとさえ思われる段階に入っています。

これで利用国民の9割近くがカード自主返納などという動きになれば、これはまさに令和の国民的反岸田一揆。カードシステムは終焉、さらには政権も終焉に至るものと思われます。

マイナカードを巡ってそこまでするかという声も聞こえてくるところですが、この岸田政権のやり口はそれぐらいひどいもので、増税の問題などをはるかに超えて本邦での国民の社会生活継続の可否を判断する重要な問題となっていることを忘れてはなりません。

なにがあってもほとんど騒がないのが日本国民の悪い習慣ですが、さすがにマイナカードについては返上一揆を起こして政権を懲らしめてやる必要が出てきているのです。

マイナンバー「取得せかし、メリットだけ強調」悪徳商法と同じ 堤未果さんが批判

配信

 
京都新聞

堤未果さん(京都市中京区)

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

two × five =