めまい

めまい、ふらつきでお困りの方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
めまい

めまい、ふらつきの原因はどこにあるか

以前、掲載したメニエール関連の記事がアクセス数1,900件となり、この症状で困っている人の多いことが分かりました。

検査漬けと効かないクスリばかり出されて、この先が見えてこない。医療から見放されたに等しい病気の一つです。

メニエール病内リンパ水腫は厚労省の特定難病疾患に指定され、原因不明とされています。

ということは、現在の医療水準では歯が立たないということでしょうか。

めまい作業

めまい作業

巷にはいろいろな情報が溢れています。特別なサプリメント、特別な健康食品、特別に育てられたはちみつ、などを摂取すれば治るとか、1日〇分身体を動かすだけ!。

整体や接骨院がお待ちしています、歯科では歯のかみ合わせが悪い・・・・・。患者さんはワラにもすがる思いで何とか治したい、と思って申込みしてきます。

数万円する高額なものもあります。販売する方は儲かるでしょうね。特定疾患商法なるものがあるかも知れません。

しかし、『これで治りました』という声がいっこうに聞こえてきません。

治ったのなら患者さんが殺到して、品切れ続出となるでしょう。整体やマッサージが有効なら、店の前に長蛇の列が出来でるしょう。

新しい治療法が出来たとニュースで流れるでしょう。でもそのようなことは起きていないようです。

恐らくこれらの方法は違うのではないでしょうか。

何かを身体に摂取したり、何かを装着することで治るものではないように思います。

また、効果のない薬や強力な薬を飲み続ければ、確実に体を悪くするだけです。

例えば利尿作用があるという理由で、朝昼晩に処方されるメニレットゼリー(イソソルビド)。これで水分が排出できれば良いのですが、自分の場合は何一つ変化はなく、棚の上に積み上がっていく一方でした。

めまい検査や聴力検査も毎回実施されますが、そんなものは検査しなくたって自分で身体の調子はわかります。

私たちがクリニックへ行くのは、病気を治したいからですよね。しかし薬で治ることはありません。一体何のため?

寝起きが悪い

寝起きが悪い

数年前になりますが、ある日クリニックへ行くため隣りの駅で降り、高いところから一直線に伸びた階段を降りることになりました。

いつもよりめまいが強く出ていて、階段の段差がぼやけてよく分かりません。

ふわふわした状態で、どこを向いて立っているのか、どういう風に足を着けて良いのか感覚が分かりません。

踏み外したら一気に下まで転がりそうなので、手すりに掴まりながら降りてきました。体験のある人ならわかると思います。

よく心の問題が症状を作る、などと言いますが、それは怪しいと思います。身体の具合が悪ければ気分が優れないのは当たり前ですから。

一方で身体の症状が良くなってくると、気分もどんどん良くなってくる。これもよくあることではありませんか。

だいたい医師がよく使う『ストレス』という言葉は、診断に思い当たるものがない時に使われるようです。ストレス検査をしていない場合は、根拠もなく言っているに過ぎないと思います。

『ならばストレスと症状の因果関係を明確にしてほしい!』と言ったことがありますが、まともな答えは出てきませんでした。肉体的なストレスなら分かりますが。

 

私はかつてメニエール病内リンパ水腫の診断を受けましたが、実をいうと、それが医療機関によって診断名が変わってきます。耳鼻科だけでも前庭神経炎、良性発作性頭位めまい症、突発性難聴(左低音域)、といわれました。

現在はとても良い気分で毎日を過ごしています。でもそこまで来るのに何年もかかりました。

めまい・ふらつきの本当の原因は、どこにあるのでしょうか?

それは首とその周囲の部分です。『胸鎖乳突筋』と『斜角筋』に注目してください。

胸鎖乳突筋、斜角筋

胸鎖乳突筋、斜角筋

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)は胸骨・鎖骨から始まり、耳の後ろ(側頭骨の乳様突起)まで続いています。首を曲げたり、首を左右に回転させたり、前に倒したり、胸骨と鎖骨を引っ張り上げるなど、重要な働きをしています。首を曲げるとここが浮き出てくるため、見た目にも分かりやすい部位です。

斜角筋(しゃかくきん)は胸鎖乳突筋の奥にあり前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋に分けられます。

前斜角筋は頸椎のc3~c6から第一肋骨まで続き、首を横に倒したり横に倒したりする働きがあります。また息を吸う時には第一肋骨を引き上げて呼吸を助けます。

中斜角筋はc2~c7頸椎から第一肋骨まで。機能は前斜角筋と同じですが、この二つの筋緊張によって手や腕のしびれを生じさせ、胸郭出口症候群となることがあります。

後斜角筋はc4~c6頸椎から第二肋骨まで続き、第二肋骨を引き上げ呼吸を助けます。

 

症状が出るほど悪くなっているのに、いきなり首を揉みほぐそうとしてはいけません。

安全に実施するには手順があります。

 めまいふらつきの具体的改善方法は、会員ページで紹介しています。

今日はそのうちの一つを紹介します。

※ただし、脳血管障害や肝臓等の内臓疾患、高血圧、低血圧に起因するめまいふらつきの場合は、この方法では改善しません。精密検査で異常のないことが前提です。

身体を整える

身体を整える

両手の指の先(指紋のあるところ)を使います。

① 両耳を中指と薬指ではさみ、4本の指で上下にマッサージします。

② 次に4本の指を少し下にずらしそこでまたマッサージします。

③ さらに少し下にずらし、またマッサージします。顎と首の間のくぼみに中指を当てて実施します。

④ 中指が当たっている場所を、今度は親指に代えて上下にマッサージ

3日程度やってみてください。上向きに寝た状態でも可能です。

耳の周囲が熱くなる程度に、血流を改善します。

めまいに変化があれば、改善の可能性が大です。

これだけで、めまいは撃退できませんが、やるべきことが分かってきます。軽い症状なら治るかも知れません。

そうです。めまいふらつきの原因は首とその周囲にあります。

首の不調首を痛めたなど、思い当たることはありませんか?

この場合、朝起きた時が一番症状がひどく、夕方になると軽快するようです。

またお風呂に入っている時は、めまいが出ないことが分かります。

これ以上症状を悪くしてはいけません。出来ることから第一歩を始めてください。

 

関連記事  胸から鎖骨にかけてゆるめる

       どういう風に治っていくのか説明します

          どうしても治したいあなたへ

       首の痛みに悩んでいるあなたに朗報

 

      睡眠時無呼吸症候群を解消したデータ

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会員ページを無料で見るには

無料会員に登録いただくと翌日昼12時00分まで無料で会員ページをご覧になれます。


問題が分かったところで具体的にどうすれば良いのか、ビデオと画像にて解説しています。


風邪をひかないための、お役立ち情報もあります。


無料会員登録

コメントを残す

*

three × one =